生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

任天堂が有機ELディスプレイを搭載した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を販売することを発表した。価格は37,980円(税込)で、現行機種より5,000円程度の値上がりとなる。

鮮やかな発色の有機ELディスプレイをウリとしているが、他にも従来型と異なる点が多数あり日本国内だけではなく海外でも様々な意見が飛び交っている。新有機ELモデルと従来型の詳しい違いは→こちらで。

すでに白黒デザインについてのミームなどもTwitterに投稿されているようだ。一部抜粋して紹介したい。

鮮やかな発色が可能となる有機ELディスプレイ。4Kは非対応に

 初めに従来機との変更点を見ていこう。まずはディスプレイ。予測されていた通り、液晶を有機ELにしたことで、コントラストが高く鮮やかな色表現が可能となった。ただし、表示解像度は1280×720ピクセルと変わっていないので、過度な期待は禁物だ。また、画面の縁を細くしたことで、全体サイズは従来とほぼ同じだが画面サイズは5.5インチから7インチへと拡大。重量は約22g増加しているので、手に持った時に多少の違和感を覚えるかもしれな…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合