生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

“若者のテレビ離れ”が叫ばれて久しいが、2021年6月度のテレビCM放送回数ランキングが、株式会社ゼータ・ブリッジの調査により判明した。これは全国地上波25局、BS放送6局で放送された回数を集計したもので、商品別ランキングのトップ20が発表されている。

全体順位では2位はIndeed Japan、3位はスマートニュースという結果に。そして気になる1位は、非常に時代の流れを反映させた皮肉ともいえる内容のCMだった。

ランキング常連の携帯電話関連サービスやデリバリーサービスが名を連ねる中、話題になったあのCMもランクイン

 ランキングの2位以下に目を向けると、携帯電話関連サービスやフードデリバリーサービスなどランキングの常連商品がランクインしている。そんな中、新たにランクインした商品の一つが、9位の三井不動産リアルティ「三井のリハウス」。今回のCMは、1987年当時に出演していた宮沢りえさんが34年ぶりに出演していることでネット上でも話題となっていた。当時14歳だった宮沢りえさんのブレイクするきっかけとなったCMであり、三井のリハウスのウェブサイトでは本CMのほか、当時の…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合