生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

セブン-イレブン・ジャパンが実施するTwitter連動キャンペーンが波紋を呼んでいる。同キャンペーンの応募方法の一つであるサードパーティアプリと連携・認証をする際に、必要以上に権限を要求されることに疑問を持つユーザーが多く出てきているようだ。ネット上で大きな議論となり、7月13日にはセブン-イレブンが公式にキャンペーンの新規応募中止を発表している。

セブン-イレブンといえば、QRコード決済システム「セブンペイ」の不正アクセス被害も記憶に新しい。セブンペイの騒動も相まって、世間はセブン-イレブンに対しセキュリティがしっかりしていないというイメージを持つ人も少なくないだろう。今回は、Twitter連動キャンペーンを皮切りに、セブン-イレブンに対する世間の意見を探っていく。

計50万人が当選する太っ腹キャンペーンのはずが…

 セブン-イレブンの日にちなみ、セブン-イレブンは7月11日より無料引換クーポンが抽選で当たる「セブンイレブンの日 Twitterキャンペーン」をスタート。アサヒの「十六茶」が10万人、「アサヒ ザ・リッチ」350ml缶が40万人に当たるなど、大盤振る舞…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合