『THE突破ファイル』『あざとくて何が悪いの?』再現ドラマバラエティが増殖&人気のワケの画像1
THE突破ファイル|日本テレビ」より

 今、再現ドラマバラエティが花盛りである。

 主なものを挙げるだけでも、月曜の『クイズ!THE違和感』(TBS系)、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)、『逆転人生』(NHK)から始まり、火曜日は今年で放送20年を迎える『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、水曜日は『ワールド極限ミステリー』(TBS系)、木曜日は『THE突破ファイル』(日本テレビ系)、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)、土曜日は田中みな実、南海キャンディーズ・山里亮太、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが司会を務める『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)と、実に週8本。まさに毎日のように各局でオンエアされている。

『スカッとジャパン』が大ヒット

 かつて「再現ドラマ」と言えば、主婦向けの投稿ものが多かった印象がある。たとえば、1993年にスタートしたのが、フジテレビの平日午前中の『どうーなってるの?!』。

「激安店やグルメ情報、格安物件など生活情報を紹介していましたが、やはり視聴率を上げる起爆剤となったのが、不倫や家庭内離婚など一般女性の赤裸々な体験をもとにしてつくられる再現VTRでした。夫や子どもを送り出した後の主婦たちが、電話やファックスで自らの経験を続々と告白したのです。結局、この番組は8年、後継番組の『こたえてちょーだい!』も6年続きました」(テレビ局関係者)

 そんな中、1997年に『アンビリバボー』が、さらに2001年には『世界仰天ニュース』がスタートし、世間を震撼させた事件や涙を誘わずにはいられない感動エピソードを再現VTRにするという手法で一躍、お茶の間に受け入れられた。

 この2つの再現ドラマバラエティが居並ぶ中、2014年に登場した“新星”が『スカッとジャパン』だ。巷の迷惑な人に仕返しをしたという視聴者の体験談を再現ドラマに仕立て、スタジオのゲストらが“スカッと度合い”を判定するという趣向の番組である。

 科学的根拠のない血液型占いを信じ込み「B型は仕事が雑」と部下をいびるお局OL、宿泊先のホテルで「ネックレスが盗まれた」と騒ぎ立てる中年女性など、これまで『どうーなってるの?!』でも紹介されてきたような人物像に対して「スカっと撃退する」という目線を加え、さらにスタジオトークで盛り上げる。既視感がありながらも、そこにスパイスを加えたことで、同番組は大ヒットした。

「そんな『スカッとジャパン』をさらに進化させた形の番組が『突破ファイル』です。同番組では、さまざまなピンチをどう切り抜けたのかをコミカルなドラマテイストで紹介しています。さらに、『あざとくて何が悪いの?』は視聴者投稿をもとに、世にはびこる“あざとエピソード”を再現VTRにしている。このように、一口に再現ドラマといっても、細分化されているのが最近の特徴です」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合