朝ドラ『おかえりモネ』東京編の注目キャスト3人!今田美桜は野望を秘めた若手気象予報士の画像1
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』」より

 3回目の気象予報士試験が終わり、気象情報会社が気になる永浦百音(清原果耶)は仕事の合間に求人情報を見ながら、ヒバの木を乾燥させるための保管先を探していた。東京へ行くという決断を前に大きく揺れた7月12日(月)~16日(金)のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』を振り返ろう。

森林組合を退職した百音は東京へ

 百音が菅波光太朗(坂口健太郎)と試験結果を確認すると、そこには「合格」の文字が。2人は喜び合い、菅波はすぐに新田サヤカ(夏木マリ)に報告するよう促した。しかし、サヤカの顔を見た百音は、合格したことを言い出せなくなってしまう。

―――

 間近に迫ったヒバの木の伐採について、関係者を招いて説明会が開催された。百音が保管先探しの協力を求めると、サヤカは森林組合の設立で資金を失っていたことを告白。なんとか力を借りたいと頼んだが、「50年は長すぎる」と協力者は現れなかった。

―――

 ある日の夜、サヤカに試験の合否を聞かれた百音は「落ちた」と伝えた。後日、サヤカは菅波に真相を尋ねるが、守秘義務があるからと答えを濁されてしまった。

―――

 登米には、水害時のために木蔵(きっつ)という蔵を持つ地域があることを知った百音。木材も保管していたという話から、あることを考え始めた。

 そして、保管先が未定のまま、ヒバの木を切る日を迎えた。森林組合の一同が見守る中で切り終わると、サヤカは目に涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝えた。

 森林組合に戻ると、百音は木材の保管場所として、ここ数百年の間、浸水被害にも土砂災害にも遭っていない木蔵が神社にあると報告。それを聞いた佐々木翔洋(浜野謙太)たちは、偶然カフェにいた「よねま神社」の宮司に保管を依頼。組合員たちの熱意に押され、木材はよねま神社で保管することになった。

 その日の夕方。「よくやってくれた。もう十分だ」とサヤカにお礼を言われた百音。そして、「なぜ、試験に落ちたと嘘をついたのか」「70歳手前で、身寄りも金もない自分がかわいそうになったとか」と聞かれて、言葉に詰まった。

 サヤカを傷つけてしまった百音は、嘘をついたことを菅波に優しくたしなめられ、5年前の震災で経験した蚊帳の外の感覚がトラウマになっていて、サヤカのもとを離れることに恐怖を感じていたと告白。菅波は、再びサヤカと話し合うことを勧めた。

―――

 能の練習後、百音は嘘をついたことを謝ると、サヤカは「百音の気持ちはわかってる」と笑い、「自分の思う方に進め」と背中を押した。早速、百音は森林組合を辞めると佐々木たちに報告。突然の申し出に一同は驚くが、サヤカのフォローもあって、無事に百音の退職が決定した。

 翌朝、百音がサヤカにお礼を言うと「実家のみんなにも報告しなさい」と促され、帰省することに。

 急な帰省に驚く実家では、百音の試験合格と妹の未知(蒔田彩珠)の就職のお祝いが行われた。しかし、父の耕治(内野聖陽)から「何か話があるんじゃないか?」と聞かれた百音は、つい話をそらしてしまう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合