森昌子、ファンと恋愛“揉め事”報道…2度目の引退の裏に“不義理”と“身勝手”の画像1
森昌子の”姪っ子”「ま~ちゃん」のインスタグラムより

 1970年代に「花の中三トリオ」として日本中を熱狂させた、あの往年の人気女性歌手の恋愛スキャンダルが飛び出した――。

 元夫で演歌歌手の森進一との離婚翌年、2006年に20年ぶりに芸能界へ復帰したものの、19年に“2度目の引退”を発表した森昌子。その森が男性ファンと恋愛関係になったものの、結局、森サイドがその男性をストーカーだとして警察署へ連絡していたと、19日付「文春オンライン」が報じた。森は現在62歳だが、「文春」によれば相手男性は40代だといい、10歳以上離れた“年の差交際”だったことになる。

 森は06年に古巣のホリプロ所属で芸能界に復帰した後は、全国でコンサートを開催するのに加え、バラエティ番組などテレビ出演も積極的にこなすなどして、引退まで意欲的に活動を続けていた。

「コンサートでは単に歌を披露するだけではなく、“ま~ちゃん”という小学生のキャラに扮するコントなどにも力を入れ、そのエンターテインメント色の強さが受け、どこの公演も満員御礼になるほど人気を博していました。また、テレビでも歯に衣着せぬ物言いが受けて、多くの番組から声がかかるように。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の『本音でハシゴ酒』にゲスト出演した際は、白ワイン片手に松本人志にどんどん“ダメ出し”して松本もタジタジに。その後はちゃっかり同番組のナレーションの仕事をつかんでいましたね。復帰した10年あまりの間でかなり稼いだのは、間違いないでしょう」(週刊誌記者)

 森といえば、人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・TAKAを長男に持つことでも知られているが、「3人の子供を1号・2号・3号と呼ぶ」「下の子は上の兄の言うことは絶対に聞く」「食べものの好き嫌いは許さない」「門限に1分でも遅れたら家に入れず、外で一晩明かさせる」「高校を卒業したら家を出ていく」という独特の“スパルタ式子育て”も話題になった。

「現在、森は前夫の森進一や子供たちと過ごした豪邸から都内のマンションに引っ越し、母親の介護をしながら親子水入らずの二人暮らし生活を送っている様子。今回報じられたファンとの関係が実際にどういうものだったのかは、わかりませんが、面倒見がよい森だけに、何か彼女の中で心が動かされた部分があったのかもしれません」(ベテランの週刊誌記者)

 森は19年の会見で引退の理由として「私も60歳になるんだと、ふと考えてしまうようになりました」「これから自分の残された人生は、あとどれくらいあるのかなと、なぜか真剣に考えるようになってしまったんです」などと語り、自身の年齢を挙げた。そんな引退の裏側を当サイトは同年4月3日付記事『「稼ぐだけ稼いで…」森昌子、2度目の引退が波紋…業界内から疑問続出の裏事情』で報じていたが、今回、再掲載する。

(以下、肩書・日付・年齢などの表記は掲載当時のまま)

―――以下、再掲載―――

「花の中三トリオ」で知られる森昌子が先月26日、芸能界引退を発表。同28日に会見を行った。

 1986年に演歌歌手の森進一と結婚したのを機に1度引退し、2005年に離婚。翌06年に20年ぶりに芸能界へ復帰し、今回で2度目の引退を迎えることになるが、先月28日の会見について芸能関係者の間では、「あの会見は必要だったのか?」と疑問の声があがっているという。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合