NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『ハコヅメ』は“新しい刑事ドラマ”になるか?光る永野芽郁のコメディエンヌとしてのうまさ

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
『ハコヅメ』は新しい刑事ドラマになるか?光る永野芽郁のコメディエンヌとしてのうまさの画像1
ハコヅメ~たたかう!交番女子~|日本テレビ」より

 東京オリンピックとぶつかることもあってか、夏クールの民放ドラマは驚くほど不作だ。

 宮藤官九郎、森下佳子、坂元裕二といった人気脚本家の最新作は冬クールと春クールに出尽くしてしまい、NHKも連続テレビ小説の『おかえりモネ』以外は元気がない。ある程度予想はしていたが、ドラマ周りは寂しい状況だ。

 だが、こういう時期こそ意外なダークホースが現れるものである。そんな期待を持って見守っているのが、日本テレビ系で水曜夜10時から放送されている『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』だ。

 週刊漫画雑誌「モーニング」(講談社)で連載されている秦三子の漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲』(同)を原作とする本作は、交番(通称・ハコヅメ)勤務の新人警察官・川合麻依(永野芽郁)と、問題を起こして刑事課から異動してきた警察官・藤聖子(戸田恵梨香)が主役のコメディドラマ。

 警察官になった川合は、真面目に仕事をしているだけで忌み嫌われる職業に嫌気が差し、早くも辞めたいと思っていた。しかし、元刑事の藤と出会ったことで、少しずつ成長していく。

 脚本を担当するのは根本ノンジ。最近では『監察医 朝顔』(フジテレビ系)のヒットが記憶に新しいが、幅広いジャンルを手がける多作の脚本家で、今クールは『ハコヅメ』の他にも『サ道2021』(テレビ東京系)に参加している。

 物語は、川合の視点で交番勤務の仕事を丁寧に追っていく。一癖も二癖もある市民や体育会系の男刑事たちに川合が翻弄される様子は、ドラマというよりはシチュエーションコントが連なっているような印象だ。

 これは、基本的に1話完結の原作漫画の複数のエピソードを並び替えて、ひとつの物語としてまとめているからだろう。1話、2話終了後に漫画『ハコヅメ』の公式ツイッターでは、各話の原作となったエピソードを漫画アプリ「コミックDAYS」で1週間限定の無料公開を行っているのだが、見比べると、ドラマ版が別々のエピソードをつなげてうまくひとつの話にまとめていることがよくわかる。

 そのため、交番のような限定された空間で短いやりとりをする場面が続くのだが、こういう場面は役者同士の楽しい掛け合いを見せるにはもってこいである。

 交番所長の伊賀崎秀一を演じるムロツヨシは、名バイプレイヤーぶりをいかんなく発揮。藤を演じる戸田恵梨香は、落ち着いた雰囲気のある大人の女性を好演している。何より、2人と対峙しても見劣りしない永野芽郁のコメディエンヌとしてのうまさが印象に残る。

 連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)で主演を務め、10~40代までを演じきった永野は、すでにベテランの風格が漂っているが、まだ21歳の若手。考え方こそ未熟だが優しい川合を好演している。

 また、女子校出身で新選組に憧れて刑事になった牧高美和を演じる西野七瀬は華奢な佇まいを見せており、川合、藤、牧高の女子会シーンは一服の清涼剤となっている。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合