NEW

五輪開会式、「意味不明」「史上最低」と酷評広がる…小林氏の演出変更せず、国際問題に発展の懸念も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 五輪関係の取材を行う全国紙記者はいう。

「小林氏は演出全体のディレクターであり、予定通りの内容で行う理由として“彼が単独に企画したパートはないから”というロジックを持ち出すのは、明らかに無理筋。ホロコーストという歴史的な事件を揶揄する人物が全体を統括した開会式を、日本が世界中に発信するということが何を意味するのか。

 組織委上層部のなかでも、そうした懸念を問題視する声が強まり、一部で報じられているように、開会式のプログラムを入場行進や聖火点火などに絞ったかたちにするよう理事たちから武藤事務総長に提案があった。しかし、橋本会長と武藤事務総長はこれを無視し、予定通り行うことを発表した。組織委内では『歴史問題にかかわるだけに、もし国際問題に発展したら責任を取れない』という声も出ている」

SNS上の反応

 波乱と懸念まみれのなか、23日20時に開会式がスタートしたが、冒頭のプロジェクションマッピングとコロナで葛藤する選手たちをテーマにしたパフォーマンスのコラボレーションや、木材加工の職人たちの働きをダンスやタップを交えて描くステージ、そして『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』など日本のゲームのテーマ曲が流れるなか各国の選手が入場する場面について、SNS上では以下のように賛否両論の感想があがっている。

<私だけかな? 申し訳ないけどつまらない めちゃクチャつまらない 何処の国でも出来る開会式>(原文ママ、以下同)

<ショボくなかった?>

<これ却下された方の案のが絶対よかった>

<正直開会式のパフォーマンスよく分からんかった>

<サブカルクリエイターが演出担当しても、今流行りのダンスを取り入れちゃうんだ…

死ぬほどダサい>

<なにこれ、なにを見せられてるの?>

<ぐちゃぐちゃ過ぎて流石に日本人でも意図が掴めない>

<ドラクエ人気にあやかる感じがダサいって!! 平均点取りに行ってる感じ ほんと…かっこ悪いよ…>

<開会式の演出、コロナで人数縮小のアオリで地味だけど、逆に日本の幽玄の美が際立ってて良かった そして祭りは古来より鎮魂の儀式でもあり 日本の様式美をベースにしつつ、21世紀の多様性を表現しようとする演出>

<どちらかというとオリンピック反対派だったけど…これは凄いわ……>

<オリンピックの選手入場、粋すぎてテレビの前で大声で叫んじゃった ゲーム音楽、素敵すぎる もう泣いてるw>

<日本国民皆泣いてるでしょ ドラクエの序曲からずっと泣いてる>

人々の記憶に残る開会式になったのか?

 企業のブランディング・PR戦略などを手掛けるクリエイティブ・ディレクターはいう。

「全体的に一つひとつの要素がバラけ過ぎている印象。『コロナ』『日本の職人・木材・祭』『世界的なダンサー』など、“とりあえず、これだけ触れておけば文句は言われないだろう”という減点主義感をすごく感じて、何にフォーカスしているか、わからない。演出の責任者がコロコロ変わったこともあり、誰が演出を統括しているのかが見えず、クリエイターファーストでもない。個人的には“電通仕事感”を感じた。全体の流れ的にも、途中で突然グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏に関する映像が長々と出てきたり、その次にオーケストラの演奏が入ったりと、あっちこっち行っちゃって、意味不明だと感じた視聴者が多いのでは。 

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合