NEW

朝ドラ『おかえりモネ』明日美は『全裸監督2』ヒロイン役の恒松祐里!22歳で芸歴16年

文=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

朝ドラ『おかえりモネ』明日美は『全裸監督2』ヒロイン役の恒松祐里!22歳で芸歴16年の画像1
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』」より

 2016年4月。永浦百音(清原果耶)は気象予報士試験に合格して上京した。下宿先は、祖父・龍己(藤竜也)の築地の知り合いが経営するシェアハウス「汐見湯」。新生活がスタートした7月19日(月)~23日(金)のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』を振り返ろう。

生放送を成功させた百音の採用が決定

 到着早々、百音は翌日に面接をする予定の気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」の下見に行った。館内の気象コーナーで遊んでいると、登米で出会った内田衛(清水尋也)と野坂碧(森田望智)に遭遇。百音は偶然の再会に喜ぶが、あいさつもそこそこにテレビ局へ連れて行かれ、朝岡覚(西島秀俊)の代わりに気象班の頭数に入れられてしまった。

 中継コーナー担当の神野マリアンナ莉子(今田美桜)、野坂、内田、百音の気象チームと番組制作スタッフで、その日に伝える気象情報の内容を確認するブリーフィングが行われた。内田は「北日本の風が気になり、局地的な暴風域になるかもしれない」と予測するが、気象庁の発表にない情報のため、ひとまず様子見になった。

 無事にリハーサルを終え、あとは本番のみとなったときに緊急ニュースが入り、朝岡の代役として気合いが入っていた神野の気象コーナーはなくなってしまった。

―――

 その日の帰り、幼なじみの野村明日美(恒松祐里)から連絡が入った。予定していた下宿先のオーナーの都合で、出て行かないといけなくなったとのこと。汐見湯に余裕があるということで、急遽、明日美も身を寄せることになった。

 夜、明日美のもとに後藤三生(前田航基)と早坂悠人(高田彪我)から仙台で飲んでいると連絡があり、百音には翌朝のニュースの準備の手伝いを頼む連絡が入った。

 真夜中、百音はウェザーエキスパーツへ。そこで、次は野坂の代役と聞き、「自分じゃ戦力ダウンになる」とあわてて断るが、社長の安西和将(井上順)から人形のプレゼントと激励を受け、再びピンチヒッターとして参加することになった。

―――

 ブリーフィングで黄砂の情報をメインにすることが決まるが、引き続き北日本の風の流れが気になると内田。「局地的すぎる」と朝岡が悩むと、百音は「このあたりは日常的に強風が多く、被害が出ることも多いため、事前にわかるなら伝えたい」と意見した。

 ブリーフィング後、朝岡たちは気象班デスクの高村沙都子(高岡早紀)に強風ネタに変えたいと提案するが、「より大勢のためになる情報を伝えたい。また、確証の得られない情報は出したくない」ということで却下となった。

 百音が本番の準備をする神野のサポートに徹していると、またも内容が差し替えとなり、今度は気象コーナーが2分間も増えることになった。

 朝岡は神野と百音を呼び出し、「暴風警報が出たら放送するが、そうでないなら放送はできない。しかし、危険が近づいているなら伝えたい」という考えを伝え、「その両方を叶えるには、中継キャスターの神野の役割が大切」だと説明した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合