NEW

渡部建、「仰天復帰プラン」「離婚説」同時浮上の背景…妻・佐々木希、4億円マンション購入の真相

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

渡部建、「仰天復帰プラン」「離婚説」同時浮上の背景…妻・佐々木希、4億円マンション購入の真相の画像1
渡部建

 衝撃の不倫発覚から早くも1年が経過したお笑いタレント、渡部建。騒動直後から渡部は芸能活動自粛に入り、昨年11月には大みそか放送のテレビ番組『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)への出演情報が漏れ、収録済だったにもかかわらず渡部の出演シーンはカットとなり、復帰は見送りに。加えて12月には騒動後初となる謝罪会見を行ったものの、「私の口からは言えない」などの返答を繰り返し、逆に世間からの批判に油を注ぐ結果となった。

 そして今年に入り、渡部が年明けから豊洲市場で働いていると2月に報じられ、ゴールデンウィークに放送される『行列のできる法律相談所』(日テレ系)で復帰する予定とも伝えられたたが、結局、実現されなかった。

「渡部が豊洲でアルバイトを始めた直接的なきっかけは、以前から懇意にしていた魚河岸の社長さんから声をかけられたことですが、『行列』スタッフからの提案で、復帰時の番組内で放送することを想定して渡部は豊洲で働いている際のVTRを撮影していたようです。つまり豊洲でのバイトは“ロケ”の一環だったともいえ、単なる“禊ぎ労働”というわけではなかったのかもしれません」(テレビ局関係者/3月21日付当サイト記事より)

 いまだに復帰が叶わない渡部を支えてるのが、妻で女優の佐々木希だ。渡部から不倫というひどい仕打ちを受けたにもかかわらず、離婚という選択をせず、現在も夫婦として同居を続けているが――。

「7月発売の『女性セブン』(小学館)が、佐々木が自身の個人会社名義で約4億円の高級マンションを購入したと報じましたが、これが離婚に向けた前兆ではないかと業界内ではいわれています。つまり、渡部が身銭を切って“慰謝料代わり”に佐々木の会社名義でマンションを買ってあげたという見方です。

 渡部は不倫相手とのデートもホテル代をけちって商業施設のトイレで済ましていたことからもわかるように、かなりのケチで有名でしたが、独身時代に相当お金を貯め込んでおり、不祥事により発生した1億円以上の賠償金もすでに支払い済みのもよう。佐々木も当初は離婚をしない考えでしたが、やはり現在3歳の長男の将来を考えれば、結婚生活を続けていくというのは現実問題として難しい面も出てくる。そうした事情もあり、大きな決断を下すための下地を整えているとも考えられます」(テレビ局関係者)

 さらに今回のマンション購入の背景には、渡部の復帰への意欲も絡んでいるのではと、芸能事務所関係者はいう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合