NEW

巧妙化するフィッシングメール「要注意件名」トップ10レポートが公開! 思わず開封してしまいそうな名前も

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた、世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーであるアメリカのKnowBe4社は、2021年7月23日、2021年第2四半期(2021年4月~6月期)の「要注意件名」についての統計レポートを公開した。日々巧妙化するフィッシングメールだが、皮肉にも世の中の“今”が映し出される結果となっている。具体的な件名を見ていこう。

コロナ禍の人の心理を狙った巧妙な件名が増えているフィッシングメール

巧妙化するフィッシングメール「要注意件名」トップ10レポートが公開! 思わず開封してしまいそうな名前もの画像1
王道のタイトルには、もう引っ掛かる人は少ないかもしれないが…

 同社は、模擬フィッシング攻撃を通し、どれくらい攻撃被害を受けやすいかをPPP(フィッシング詐欺ヒット率)として、継続的にアセスメントしている。今回の調査によると、人事通達を装うフィッシングメール攻撃が急増しているとの結果が。特に、全社または全組織の従業員に適用される大規模な社内規定の新設や、改訂を装うフィッシングメールの増加が目立っている。「一般的に使われるフィッシングメール件名トップ10」を見てみよう。

・即時パスワード確認依頼 ・有給休暇取得規定の改定 ・重要:服装規定の変更 ・給与振り込みの…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合