NEW

話題の「JRマルス券シミュレーター」実際にやってみたら“鉄ヲタ”じゃなくてもその再現度に興奮!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

JRの「みどりの窓口」で購入すると発券されるICカードサイズほどの切符、通称「マルス券」。マルス券は「旅気分をさらに上げてくれる」といった理由や、条件によって様々に記載される記号などから、魅力にハマるマニアも少なくないのだという。そんなマルス券の券面を自由に作ることができるシミュレーターが話題となっている。鉄道に詳しくなくてもワクワクが止まらない、実際のシミュレーションの様子を紹介しよう。

みどりの窓口で発券される、人気高いマルス券

話題の「JRマルス券シミュレーター」実際にやってみたら“鉄ヲタ”じゃなくてもその再現度に興奮!の画像1
マルス券以外にもJR東日本や西日本の近距離乗車券などのシミュレーターもある

 自動発券機で切符を購入した場合は30×57.5mmサイズの小さな切符が発券されるが、みどりの窓口や「みどりの券売機」で切符を購入すると57.5×80mm、もしくは57.5×120mmといった大きめサイズの切符が発券される。新幹線に乗車する際に、手にすることが多いかもしれない。

 これは、旅客販売総合システム「MARS(マルス)」という機械にて発券されていることからマルス券と呼ばれている。30×57.5mmサイズの切符よりも、「旅気分を盛り上げてくれるような気がする」ということから、わざわざマルス券で購入する利用客もいるほどだ。

 乗車…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合