NEW

宮迫博之、吉本復帰は絶望的で松本人志からも“見放される”危機…トークで存在スルーの衝撃

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

宮迫博之、吉本復帰は絶望的で松本人志からも見放される危機…トークで存在スルーの衝撃の画像1
宮迫ですッ!』より

 オリエンタルラジオ・中田敦彦のYouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY』のチャンネル登録者数が400万人を達成した。芸人YouTuberの中では初の400万人台だが、今や100万人突破は珍しいことではなくなってきている。

 江頭2:50(245万人)、“カジサック”ことキングコング・梶原雄太(224万人)、とんねるず・石橋貴明(166万人)をはじめ、チョコレートプラネット(130万人)、かまいたち(124万人)、さらに5月には狩野英孝が、また7月14日にはヒロミも100万人を突破したことを報告している。

 これまで、自らテレビから離れた、あるいはテレビを追われた芸人の再生の場となっていたYouTubeが今や、現役のテレビ芸人も活躍できるフィールドになりつつある。そんな熾烈な戦いを極める芸人YouTube界の中で、今回は新旧2組の芸人YouTuberを取り上げてみたい。

霜降り明星・粗品が先輩芸人に暴言連発

 第7世代の筆頭格・霜降り明星による『しもふりチューブ』(登録者138万人)。その中での粗品の発言が波紋を呼んだのは、今年5月のことだ。粗品は、霜降りら第7世代芸人をフリにして笑いを取る先輩芸人たちに対し、「しょうもない。もう、ええねんお前ら」と罵声を浴びせ、「第7世代フリにしても、もうダサいで!『第7世代は、こんなんでキャーって言われてるけど、俺たちは』……いや、もう、いらん、いらん! マジでダサいから!」と毒を吐きまくったのだ。

 テレビではなかなか見られない、粗品の素顔。一連の発言がネットニュースになると批判が相次いだが、ファンはまったく気にも留めていないようだ。

「ファンたちは自分が登録していることもあり、彼らの動画と接触する時間も多い分、情が深い。つまり、極端に言えば、ファンというより一種の“信者”のような距離感になってしまうことは否めません。さらに、中にはネットニュースへの不信感を強め、いわば盲目的に彼らを崇拝しているファンも少なくないのです」(芸能ライター)

せいや提唱の「空記事」に賛同する霜降りファン

 そうした空気が醸成された一因が、せいやが提唱した「空記事」(からきじ)というキーワードだ。

「4月に放送された『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の中で、せいやは別のラジオ番組に出たときの発言がネットニュースになったことについて触れ、自分の発言が間違って書かれていたと指摘しました。そして、『空記事ですね!』『空記事って呼ぶことにした。何もない、からっ記事やん』と命名。それ以降、ファンは霜降りに批判的な記事を『空記事』としてスルーするような流れが生まれました。逆に言えば、霜降りがYouTubeで暴言を吐けるのは、そうした“信者”の優しい目があるから、という見方もできるでしょう」(同)

 だが、いくら人気であっても看過されずに大炎上となったのが、7月9日深夜の『霜降り明星のANN』における、粗品の「熱海、終わった」発言だ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合