NEW

赤西仁・山下智久も現役ジャニタレとテレビで共演?“辞めジャニーズ”に歴史的方針転換か

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

の画像1
山下智久

 昨年10月にジャニーズ事務所を退所した山下智久。今年2月にオフィシャルファンクラブ「Club9」を開設し、3月にはイタリアのブランド「ブルガリ」でアンバサダーに起用され、5月にはフランスの「ディオール ビューティー」のアンバサダーにも就任。ジャニーズを辞めてからもたびたび話題になっているが、なんといっても今年6月に連続ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の最終回に声のみだが出演したことは、ネット上で大反響を呼んだ。

 三田紀房氏の同名漫画(講談社)をもとした同ドラマは、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が“落ちこぼれ高校生”を東京大学合格に導くため奮闘する物語。山下は、ジャニーズ在籍中の05年に放送された第1シリーズでメインキャラクターの1人・矢島勇介役を演じていた。

 そして今年4月期、第1シリーズから“16年後”をドラマオリジナルの展開で描いた続編(第2シリーズ)が放送され、阿部のほか、第1シリーズで矢島の同級生・水野直美役を演じていた長澤まさみも再びレギュラー出演。新たな学生役にはKing&Prince・高橋海人、元欅坂46・平手友梨奈などが起用されていた一方、6月27日に放送された最終回には、山下や長澤とともに第1シリーズで学生役だった紗栄子(第1話にも出演)、小池徹平、中尾明慶、新垣結衣がサプライズ登場。さらに、山下の“声”が流れたことで、ネット上のファンはもちろん、業界内でも大きな話題となった。

「山下は“矢島からのメールが桜木に届く”というシーンに音声のみで出演した形でしたが、これまで“現役ジャニーズ”と“辞めジャニーズ”の共演は基本的にNGとされていただけに、キンプリ・高橋がレギュラー出演中の作品に、OBの山下が登場したことは“歴史的快挙”といえます」(芸能記者)

 そもそも、ジャニーズを離れたタレントの活躍を地上波のテレビ番組で見られるケース自体、多くはない。

「元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は、16年末のグループ解散後、17年9月にジャニーズから退社。さまざまな報道はあったものの、表向きには“円満退社”となっていて、その後、SMAPの元チーフマネジャーである飯島三智氏が代表を務める芸能事務所・CULENに所属した3人は、『新しい地図』名義で活動しています。3人はジャニーズ退所後も地上波に出続け、ドラマにも出演していますが、それでも現役ジャニタレとの共演はまだ実現していません」(同)

赤西仁や錦戸亮の退所騒動

 一方、元KAT-TUN・赤西仁(14年2月退所)、元関ジャニ∞・錦戸亮(19年9月退所)、元NEWS・手越祐也(20年6月退所)など、“喧嘩別れ”するようにジャニーズから離れたタレントたちは、さらに厳しい状況が続いている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合