NEW
プチプチ業界に突如現れた新商品を徹底分析【後編】

スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利

文=田口るい
【この記事のキーワード】, ,

一般的な丸型のプチプチと比べると、切りやすさの違いは歴然!

 検証するにあたっては、スパスパの製造元・川上産業にご協力いただくことに。同社に「レビュー用のサンプルをいただきたい」とお願いしたところ、なんと幅1200mm×5m巻きのスパスパ(公式サイトで購入すれば税込み528円、別途送料あり)が送られてきた!

 多くの人々が日常生活で見かけるプチプチといえば、大抵はワレモノの梱包材や緩衝材として使用されているようなタテ・ヨコ数十センチ程度のものだろう。一方で、ロール状になっているこのドデカイプチプチ、結構な迫力である……。

【確認中】スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利の画像2
川上産業からいただいたスパスパロール。一般的なサイズのリモコンと比較してみたが、ド迫力のデカさ!

 では、早速検証してみよう。同社の公式サイトの説明にもあるように、スパスパには縦2.5センチ(粒2つ分)、横5センチ(粒4つ分)間隔でミゾが入っており、スパスパッと切るためにはこの“スパミゾ”に沿ってカットすることがポイント。スパミゾのなかに四角いプチプチが縦に2つと横4つ、計8つ並ぶサマは、まるで板チョコのようでなんともかわいらしい!

 実際に手で切ってみたが、一般的な丸型のプチプチと比べると、切りやすさの違いは歴然。丸型プチプチは当然ながら切り口がびろーんと伸びてしまうが、スパスパは文字通り、スパッとまっすぐ切ることができた。

【確認中】スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利の画像3
見よ、この美しい切り口! 手でスパッと切れるのは本当だった!
【確認中】スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利の画像4
左が、通常のプチプチを手で切ったもの。切り口はガッタガタで、見るも無惨な姿に……。一方、右は同じく手で切ったスパスパ。すっきりとした乱れのない切り口だ。
【確認中】スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利の画像5
今度はハサミで切ってみた。ハサミを使えば、当然通常のプチプチもキレイに切れるが、ポチエチレン製であるがゆえにやや切りにくく、1分近くかかった。対してスパスパはハンドオンリーかつ数秒でこの仕上がり!

 スパスパッと手で切っていく時の感触がクセになるし、もちろん一般的なプチプチと同様、粒をプチプチとつぶすこともできる。梱包時や開封時の手間が少なくなることに加えて、スパスパとプチプチ、2つの楽しさをあわせ持った商品といえよう。

 さらに、スパスパでワイヤレスイヤホンのケースや清涼菓子を包んでみた。安定のスパスパ感で、梱包材として使う分の切り分けがスムーズに進むが、かといってモノを包んでいる最中に破れたりすることもなく、強度に問題はなし。また、四角い粒にスタイリッシュな雰囲気が感じられる気もする。粒が丸から四角になっただけで印象が変わるから不思議だ。

【確認中】スパスパvsプチプチ徹底検証バトル…見よ、この美しい切れ味を!手で簡単に切れて超便利の画像6
単なる梱包材も、スパスパならではのスクエア粒で近未来的な印象に。
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合