NEW

フジテレビのコント番組『新しいカギ』悲惨な低視聴率の裏事情…『かりそめ天国』の高い壁

文=編集部
フジテレビのコント番組『新しいカギ』悲惨な低視聴率の裏事情…『かりそめ天国』の高い壁の画像1
新しいカギ – フジテレビ」より

 やはり、コントは今の時代に合わないのだろうか。4月から鳴り物入りで始まったコント番組『新しいカギ』(フジテレビ系)に、なかなか上昇の気配が見られない。

「たとえば、7月2日の視聴率は世帯5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人3.3%でした。裏番組は、オリンピックを間近に控えた特番『修造&一茂のイミシン~東京五輪へ!やっぱりアスリートはスゴいぞ!SP~』(テレビ朝日系)。視聴率的には『イミシン』が世帯11.1%、個人6.2%と、同番組の圧勝でした。

 また、6月25日放送の『新しいカギ』は世帯3.7%、個人2.3%。対して、テレ朝で通常通りオンエアされていた『マツコ&有吉 かりそめ天国』の視聴率は世帯9.5%、個人5.4%で、『新しいカギ』は勝負になりません」(テレビ局関係者)

『新しいカギ』が放送されている金曜夜8時台は『沸騰ワード10』(日本テレビ系)も控えているが、不思議とあまりかぶることはない(夜7時からの『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』の拡大版とかぶることが多い)。だが、通常通りの編成になると『かりそめ』と『沸騰』という2強の挟み撃ちに遭うことになり、そのときの視聴率は目も当てられないという。

初回が有吉&夏目の共演とかぶる不運

「『新しいカギ』は、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコという3組のレギュラーに加え、丸山礼、女優の岡崎紗絵といった準レギュラーが、さまざまなコントを繰り広げる番組です。

 番組名は、1992年から93年にかけて半年ほど放送されたコント番組『新しい波』(フジテレビ系)にあやかったものです。同番組で見いだされたナインティナイン、極楽とんぼ、よゐこ、オアシズの光浦靖子が、同じくフジテレビの『とぶくすり』のレギュラーに抜擢され、のちに『めちゃ×2モテたいッ!』『めちゃ×2イケてるッ!』(同)に発展していきます」(芸能ライター)

 伝説の“出世魚番組”にあやかって名付けられた『新しいカギ』だが、4月23日の第1回は、かなり不運な船出となってしまった。

「この日、裏の『かりそめSP』で、有吉弘行が夏目三久と結婚後初共演を果たしたのです。2人は前身番組の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で出会ったことで知られているだけに、この日は有吉、夏目、そしてマツコ・デラックスの3人が揃い踏み。2017年に終了した『怒り新党』が4年ぶりに復活したのです。しかも、夏目が今秋に芸能界を引退することも同番組内で発表され、世間を驚かせました」(同)

 そんな話題満載の『かりそめ』とぶつかつてしまった『新しいカギ』の初回放送は、どのような結果だったのだろうか?

「『新しいカギ』が個人3.1%、世帯4.7%だったのに対し、『かりそめ』は個人9.5%、世帯16.3%で、『かりそめ』の完勝でした。もともと『かりそめ』はF2(女性35~49歳)からの支持が厚かったのですが、この日はさらに3~4ポイント上積みされ、10.6%を記録しています」(前出のテレビ局関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合