NEW

ジャンプ漫画で終わり方が最高だったランキング、3位「スラムダンク」2位「暗殺教室」1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「終わりよければすべてよし」とはよくいうが、すばらしい最終回を迎える漫画は全体を通してみても優れた作品であることが多い。絶大な人気を誇る少年漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」は、連載を継続するための条件が厳しいといわれており、ストーリー半ばで「打ち切り」を言い渡され「無理矢理終わらせたな……」と感じたことがある読者も多いだろう。また、人気絶頂にも関わらず何らかの事情で連載を終了する作品があれば、最初から最後まで最高なストーリーで展開できる作品もある。

今回、gooランキングが発表したのは「終わり方が最高だったジャンプ漫画ランキング」。あなたが思い浮かべた作品は何位に入っているだろうか、見ていこう。

3位は映画化も楽しみなスラムダンク。2位は暗殺教室がランクイン

ジャンプ漫画で終わり方が最高だったランキング、3位「スラムダンク」2位「暗殺教室」1位は?の画像1
まさかこれほど昔の作品が…との印象だが、映画化が発表されて再浮上している様子(画像:Amazonより引用)

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 まずは第3位から。なんと、今から25年前に連載を終えた「SLAM DUNK」がランクイン。井上雄彦によるバスケ漫画の金字塔ともいえる名作で、コミックスは全31巻。声をかけてきた女子生徒の一言で、未経験のバスケットボール部に入部した主人公・桜木花道の成長を描いた作品。リバ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合