NEW

憂うつな気分に落ち込みやすい人のための簡単メンタルエクササイズ

新刊JP
【この記事のキーワード】

, ,

憂うつな気分に落ち込みやすい人のための簡単メンタルエクササイズの画像1
※画像:『憂うつデトックス – 「未来の不幸な自分」が幸せになる方法 -』(ワニブックス刊)

「会社に行きたくない」
「上司の顔を見るのも嫌だ」


 などなど「やらなければならないこと」と「やりたくない気持ち」の間で憂うつな気分になることは誰にでもあるもので、なぜそんな気分になるのかというと、それは未来のことを考えてしまうから。それも、ただ先のことを考えるだけでなく、「未来に時間旅行」をしてしまうから憂うつになってしまうのだ。

 

■憂うつな気分に落ち込みやすい人のためのカンタンエクササイズ


 『憂うつデトックス – 「未来の不幸な自分」が幸せになる方法 -』(大嶋信頼著、ワニブックス刊)では、「憂うつな気分になるのは先のことを考えるから」というテーマに、憂うつな気分からどんどん元気になっていく方法を紹介する。


 憂うつな気分になってしまう人の特徴は、「今の自分」から幽体離脱するように「他人の生活」が見えてしまうことだという。そして、「今の自分」からタイムスリップして、未来の不幸な自分をリアルに観察することができてしまうこと。


 「今」ではなく、「過去」や「未来」へと時空を超えた旅をしてしまうために、今の自分に満足して感謝する気持ちが持てなくなる。他人の幸せそうな生活と比較して、自分の惨めさを嘆き悲しむということをしてしまうのだ。


 ならば、「成功の未来」を想像すればいいのか。


 ただそもそも、本書では未来は想像するものではなく、すでに存在しているものだとしている。大きな木の枝のように、いくつも先が分かれていて、成功する未来もあれば、失敗してしまう未来もあるというイメージだ。先々の分岐点でどれを選択するかで未来は変わる。さらに、自分の選択だけではなく、誰と出会うかなどでも全く結果が違ってくる。


 未来はひとつではなく、いくつも存在し、未来で失敗した自分が犠牲になって、「成功の未来」というのが選択肢として存在する。「成功の未来」とは、自分の想像力で作り出すものではなく、「未来に既に存在している自分」なのだ。


 想像力は必要なく、「成功の未来」と思うだけで、脳は時間を超えて、未来の成功した自分の脳へと繋がり、成功した自分の感覚を確かめることができる。同様に、「自分は失敗しちゃうかも」と思ってしまったら、簡単に「失敗の未来」につながってしまう。そうならないためにも、「未来の自分」と頭の中で唱えて、未来の自分につながったという感覚を頼りに、さまざまなことを選択していくと、「成功の未来」にいつしか辿り着くことができるのだという。


 憂うつな気分を晴らしたい。そんな人は、本書を参考に憂うつデトックスしてみてはどうだろう。(T・N/新刊JP編集部)


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら
RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合