NEW

飲食業から転職した理由ランキング、4位「勤務日・休日への不満」3位「他の仕事がしたい」2位「収入を増やしたい」1位は?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コロナ禍で厳しい状況が続く飲食業界。テイクアウトに力を入れるなど、あの手この手の涙ぐましい努力を続け、なんとかお店の経営を維持しているところも多い。また、コロナ禍以前から、飲食業界といえばその勤務時間の不規則性などから、いわゆる“ブラック”と評されがちな業界でもあった。その厳しさから、転職を検討する人が多い業界でもある。株式会社ビズヒッツは、飲食業界から他の業種や職種に転職した259人にアンケート調査を実施し、その「転職理由」を7位までのランキングとして2021年8月3日に発表した。

まずは7位~4位。6位には「店舗の業績悪化・休業」がランクイン

飲食業から転職した理由ランキング、4位「勤務日・休日への不満」3位「他の仕事がしたい」2位「収入を増やしたい」1位は?の画像1
スタッフも人。私たち客側もマナーに気を付けたいものだ

 7位は「接客へのストレス」。飲食業と接客は切っても切り離せないが、良い客ばかりとは限らない。「理不尽なお客様とのやりとりに疲れてしまったためです」(女性、31歳で転職)、「お酒を飲んだお客様から迷惑行為を受けることがよくあり、うまく受け流しができないため」(女性、20歳で転職)などの意見が並ぶ。特に酒類を提供するお店では、酔っぱらった客のふるまいや態度にストレスを感じていたという回答が目立った。

 6位は「店舗の業績悪化・…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合