NEW

『おかえりモネ』テレビ局のチャラい記者を演じる玉置玲央は次代の名バイプレーヤー?

文=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , ,

『おかえりモネ』テレビ局のチャラい記者を演じる玉置玲央は次代の名バイプレーヤー?の画像1
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』」より

 車いすマラソンの選手の鮫島祐希(菅原小春)のサポートメンバーになった永浦百音(清原果耶)は、選考会に向けて鮫島を支える毎日を送る中、医師の菅波光太朗(坂口健太郎)との距離を縮めていった。ほんのり恋模様も見せた8月9日(月)~13日(金)のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』を振り返ろう。

百音たちのサポートで鮫島が強化指定選手に

 鮫島の弱点は暑さに弱いこと。体質改善とレース中の遮熱改善に着手するため、朝岡覚(西島秀俊)は医師の中村信弘(平山祐介)に協力を求めた。後日、練習場を訪れたのは菅波だった。

 百音と菅波は2人で鮫島のサポートをする中、帰りに相合い傘をするほど距離が近づいていく。しかし、それ以上の進展はなく、百音の親友・野村明日美(恒松祐里)をヤキモキさせた。

―――

 さまざまな分析結果から、鮫島は心部体温が上がりやすいため、暑さでパフォーマンスが落ちてしまうことがわかった。百音と菅波が心部体温の上昇を抑える方法を考えているときに、菅波が“アイスクリーム頭痛”になってしまい、百音はレース中のスポーツドリンクをシャーベット状に変更する方法を思いつく。実際に試してみると、気温が高くても鮫島のタイムが落ちることはなくなった。

 選考会が近づく中、鮫島は強化指定選手に選ばれるための標準タイム55分20秒を切れなくなっていた。精神的に追い詰められ、走っていてもおもしろくない、向かい風の中を切り裂いてゴールするのが忘れられない、と弱音を吐いた。

 百音はもう一度過去のデータを分析し、選考会では予定通りラップタイム重視の走りをして、思うようにタイムが伸びなければ本来の走り方で勝負してもいいのではないか、と話した。すると、鮫島は「感覚で勝負できなくなったからデータで勝とうとしてるんだ」と激怒。冷静さを取り戻すと「自分のために自分で選んだ方法で勝つ」と言い残して去って行った。

 その様子を陰から見ていた菅波は、「鮫島が自分の意思を譲らない人でよかったと思う」と百音を慰めた。

―――

 後日、百音は鮫島を怒らせてしまったことをメンバーに報告した。朝岡は「選手を迷わせるようなことを言ってはいけない、確実な情報を提供するべきだ」と叱咤するが、「地球が動いている限り、絶対はない。状況が変われば、即座にそれに合わせた案に移行する必要がある」と続け、鮫島の性格に合ったプランBを立てることになった。

 その後、鮫島を含めたチーム全員で、選考会当日の気象予報とプランBを話し合った。

―――

 選考会当日。百音は会場で気象を計測しながら鮫島のサポートに当たるが、徐々にラップタイムが落ちていき、会社で分析に当たるメンバーの間に重たい空気が流れた。

 しかし、天候が変わり、予測通り強風が吹いたため、鮫島はラップタイムを意識する走りから逆風の中を突っ切るスタイルに切り替え、55分6秒でゴールした。

 帰社後、鮫島は強化指定選手に選ばれたことを報告。そして、百音を信じて「はじめからプランBでいくと決めていた」と告白した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合