NEW

「Google Chrome」のCPUとメモリの使用率を抑える7つの方法【Windows】

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windowsパソコンでは圧倒的なシェアを誇るブラウザアプリ「Google Chrome(グーグル・クローム)」。しかし、Google ChromeはCPUやメモリの使用率が意外と大きいため、ノートパソコンで使うとバッテリーの消耗も早くなる。そこで今回は、WindowsパソコンにおけるGoogle Chromeの設定やパソコンの設定などを駆使して、少しでもCPUとメモリの消費を抑える方法を7つ紹介しよう。

Google ChromeはCPUとメモリの使用率が意外と高い!

「Google Chrome」のCPUとメモリの使用率を抑える7つの方法【Windows】の画像1

 Windowsパソコンのブラウザアプリで圧倒的なシェアを誇る「Google Chrome(グーグル・クローム)」。「Google Chrome」はサクサク検索できるし、さまざまなプラグインも使用できるので人気があるのも頷けるが、実はほかのブラウザアプリよりもCPUやメモリの使用率が高めなのをご存じだろうか? もちろん、CPUやメモリの使用率が高いとほかのアプリのパフォーマンスに影響があるし、ノートパソコンではバッテリーの消費も早くなってしまうのだ。

 だからといって、今さら使い慣れたGoogle Chrom…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合