NEW

年収が高い正社員ほど副業実施率が高いことが判明! 職位別でも「部長職以上」が最も多い傾向に

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

クラウドソーシングでのクリエイティブな作業や近年様々なサービスが登場しているフードデリバリーなど、ここ数年で、「副業」は珍しいことではなくなった。2019年の働き方改革によって、厚生労働省が作成した「モデル就業規則」から副業・兼業を禁止する項目が削除され、多くの企業で副業が認められるようになった。本業の勤務終了後、特にすることもなくSNSやYouTubeを見てダラダラと過ごすよりは、頭と手を動かして賃金を得る方がよほど有意義とも言えるだろう。

そんな副業事情について、株式会社パーソル研究所が実施した調査によると、“意外”な結果が出ているようだ。早速チェックしていこう。

年収1500万円以上から副業者の割合は急増

 上の表は、パーソル総合研究所が発表した「副業を行っている正社員の割合」を属性別で表したものだ。本業の収入別の欄では、年収「200万円未満」から「1,000万~1,500万円未満」の人はほとんどが副業率が10%未満と少ないのに対して、「1,500万~2,000万円未満」になると副業率は18.8%とかなり高め。さらに年収「2,000万円以上」では副業率33.5%…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合