NEW

『バイキングMORE』坂上忍ら芸能人がUSJで大はしゃぎの呆れた“二枚舌”…テレ朝&日テレも

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

『バイキングMORE』坂上忍ら芸能人がUSJで大はしゃぎの呆れた二枚舌…テレ朝&日テレもの画像1
バイキングMORE – フジテレビ」より

 野々村真、田中圭、北村匠海、くりぃむしちゅー・上田晋也、陣内智則、沢村一樹、スピードワゴン・小沢一敬、安田大サーカス・クロちゃん、ジャングルポケット・斉藤慎二、森山直太朗……ここ最近、再び急激に増え始めた芸能人の新型コロナ感染者。有名芸能人のほとんどが感染者数最多を更新し続けている東京在住のため無理もないが、これに都民の不満が爆発している。

 というのも、ワイドショーを中心に、各所で密になっている状態を批判したり感染対策の徹底を呼びかけたりしておきながら、自分たちはスタジオでマスクをせずにトークし、さらにはテレビ番組の取材という名目で飲食店やロケに出かける姿勢はいかがなものか、というわけだ。

 もちろん、経済を回すという意味では外食や観光の需要を喚起することは大事だが、一般の視聴者にとって、テレビ局の姿勢はダブルスタンダードや二枚舌に見えてしまうことだろう。

『モーニングショー』後に散歩番組の矛盾

 たとえば、テレビ朝日だ。同時間帯民放トップの視聴率を誇る『羽鳥慎一モーニングショー』では連日、新宿・新大久保や鎌倉の観光客、また各地に集まる海水浴客などを取材している。番組では、彼らの行動を声高に批判している雰囲気ではないが、そうした様子を映す真意としては「こんな人たち、どう思いますか? やめたほうがいいですよね、みなさん?」という注意喚起の意味合いが強いだろう。

 しかし、そんな『モーニングショー』が終わった後に始まるのは、高田純次による散歩番組『じゅん散歩』だ。高田は透明のフェイスガードをつけて街を歩き、行き会った人々と会話している。

「もちろん、『じゅん散歩』を見た視聴者が全員、高田が歩いたスポットに出かけるわけではないですが、『行ってみたい』という好奇心をかき立てられるのが人の心でしょう。そこに『テレビだから』という制作者のおごりや、テレビ局のダブルスタンダードが透けて見える気がします」(テレビ局関係者)

 そんなテレ朝では、オリンピックの番組スタッフ10人が深夜のカラオケ店で飲酒し、そのうちの20代女性が2階の非常階段から転落し、骨折して入院している。『モーニングショー』では8月11日、この真相究明について同局局員でレギュラーコメンテーターの玉川徹氏が訴えていたが、いまだに続報はない。このままウヤムヤに終わらせるつもりなのだろうか?

『バイキングMORE』では芸能人がUSJを満喫

 続いては、フジテレビの『バイキングMORE』だ。8月11日の放送では、百貨店で相次ぐクラスターや救急患者の搬送先が見つからない搬送困難事案を紹介。また、西村康稔経済再生担当大臣によるお盆の帰省自粛の呼びかけを繰り返しアナウンスするなど、注意喚起を行っていた。

 さらに、この日の番組の中でカンニング竹山は「最近、外へ行ったりちょっとロケに行ったり外を歩いたりすると、普通に握手を求めてくる人がすげえ増えてるんですよ、昔より。だから、その感覚って何なんだろうとは疑問に思ったりします」と、人の気持ちの緩みについて異を唱えた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合