NEW

すべてが“突然の女”鈴木保奈美は策略家なのか?石橋貴明とのデキ婚に事務所幹部が激怒?

文=編集部
【この記事のキーワード】

,

すべてが突然の女鈴木保奈美は策略家なのか?石橋貴明とのデキ婚に事務所幹部が激怒?の画像1
貴ちゃんねるず – YouTube」より

 鈴木保奈美と、とんねるず・石橋貴明が離婚を発表したのは、約1カ月前の7月16日のことだった。石橋のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』で発表され、動画の最後には、微笑む鈴木と、それとは対照的に神妙そうな顔を浮かべる石橋が映っていた。

 そんな鈴木の足跡を振り返ると、すべてが突然でありながら、用意周到な一面も見えてくる。

フジテレビPとの不倫報道、江口洋介との交際

 1991年の夜。帽子を目深にかぶり、眼鏡をかけ、腕に抱えた大きな袋で顔の下半分を隠しながら、都内のマンションに通う女性がいた。それが鈴木だった。そのマンションには、鈴木が主演を務めるドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)のプロデューサーで妻帯者のO氏も通っていた。

「O氏はドラマ『君が嘘をついた』(同)で鈴木を起用した後、『ハートに火をつけて!』『恋のパラダイス』(同)と立て続けにキャスティングし、『東ラブ』でついに主演に抜擢したのです」(テレビ局関係者)

 当時、O氏は記者の直撃に、マンションは鈴木の友人の女性が仕事場にしており、ほかの仕事仲間も多く集うところだとした上で、鈴木から今後についての相談を受けていただけだと回答している。

 鈴木のほうはO氏について「理想のタイプに近い」と語る一方で、交際については、喫茶店や飲食店ではすぐに噂になるのでマンションで愚痴を聞いてもらっていただけ、と否定している。

 94年には江口洋介との交際が報じられ、タヒチへの1週間の旅行は“婚前旅行”と噂された。週刊誌に直撃された際、2人はしっかりと手を握り合っていた。しかし、この交際は、一緒になってくれないO氏への当てつけだったとも言われている。

 そして、今度はF1中継のピットレポーターでモータージャーナリストの川井一仁氏と交際3カ月で入籍。鈴木が『F1モナコグランプリ』(同)のテレビ中継にゲスト出演したことがきっかけだったという。

 同年12月26日、鈴木は突然、川井との結婚記者会見を行う。

「年末という時期に加えて、川井の素性を知らないマスコミ陣はドタバタだったそうです。また、不可解だったのは、“人気女優”を射止めた川井のはしゃぎぶりとは対照的に、鈴木はさして喜びの表情も見せずにいたこと。そのため、早くも『場当たり婚』『仮面夫婦』などとささやかれました」(同)

 電撃入籍から9カ月。鈴木はドラマの制作発表で不仲説を聞き出そうとする記者に「主婦と女優の両立は大変、じゃないですよ。ら~くらく、両立しています」とかわし、円満ぶりをアピールしていたが、わずか2年あまりで97年に離婚。その数カ月前には、川井がF1の取材で出張中に家財道具一式を持ち出し、住んでいた高級マンションを飛び出している。つまり、川井にとっては寝耳に水の出来事だったわけだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合