NEW

2021年は“ネット銀行元年”?! 紙の通帳有料化で再注目されるネット銀行のメリットを解説

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

これまでの銀行は近所のATMで記帳したり振り込みをするのが当たり前だった。しかし、2021年以降は紙の通帳が有料化されたうえ、支店がどんどん削減されて、これまでのようなフルサービスは受けられなくなるのをご存じだろうか? そこで今注目されているのが「ネット銀行」である。今回は、紙の通帳や支店が無くなっても困らない「ネット銀行」をお得に使いこなす方法を紹介しよう。

大手銀行のATMや支店は大幅に削減されている!

2021年は“ネット銀行元年”?! 紙の通帳有料化で再注目されるネット銀行のメリットを解説の画像1

 大都市に住んでいる人はみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった大手銀行を利用している人が多いと思うが、長引く不況にマイナス金利、さらにはコロナ禍の影響で、大手銀行はかなり厳しい状況に追い込まれている。すでに大手銀行の普通預金金利は0.001%まで低下しているし、紙の通帳の有料化やATMと店舗の削減も急速に進んでいるのだ。

 とくに、ATMは維持費が非常に高額なので、大手銀行は大幅に削減してコンビニATMに頼っている。もちろん、全国にある支店の整理も進んでおり、三菱UFJ銀行は2023年末までに2017年時点で515あった支店を40%(200拠点)減らし、残った支…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合