NEW
整理収納アドバイザー・まい「Cleanlifeでハッピーライフを!」

100円ショップ、買い物で“失敗しないための”10のコツ…逆に割高&手間が増え煩わしい

文=まい/整理収納アドバイザー
【この記事のキーワード】, ,

8.追加購入できるお店で定番品を買う

100円ショップ、買い物で“失敗しないための”10のコツ…逆に割高&手間が増え煩わしいの画像7

 収納ボックスは同じもので揃えると、見栄えも使い勝手もよくなります。必要なときに買い足せるように、調達しやすいお店で購入しましょう。さらに定番の商品を選ぶのがオススメです。家から遠いお店や、一時的に生産されている商品だと買い足したいときに入手しづらくなります。

9.品質を重視する

100円ショップ、買い物で“失敗しないための”10のコツ…逆に割高&手間が増え煩わしいの画像8

 例えば「つまようじ」や「割りばし」を買うとします。大量に入っているものから少量のものなど選択肢がありますよね。たくさん入っているほうがお得な気がしてそちらを選びがちです。でも、安く(多く)提供できるのは理由があるはず。粗悪な商品は避けたいもの。なるべく、より上質なものを選びましょう。量が多すぎるとストックをするスペースや管理する手間も発生するので、必要最低限が入っているものにしましょう。

100円ショップ、買い物で“失敗しないための”10のコツ…逆に割高&手間が増え煩わしいの画像9

100円ショップ、買い物で“失敗しないための”10のコツ…逆に割高&手間が増え煩わしいの画像10

 以前つまようじを買いましたが、一番量が少ないものにしました。ケース内の紙を抜けばそのまま出しておいてもいい感じ。入れ物が丈夫で開け閉めしやすいので専用容器を購入する必要もありません。

10.「捨てればいい」は×

「とりあえず買っておこう。たった100円だし」「使わなければ捨てればいい」。そう思うことはありませんか? 使わずに捨ててしまうことは気が滅入るし、実際は捨てずに家のスペースを占領してしまうことがほとんどではないでしょうか。すると今度は「使わないのに持っている」というストレスがかかってしまいます。使わなければ捨てればいいと思う商品は、きっとなくてもよいものです。買うのをやめましょう。

おわりに

 100円ショップはとても便利なので私も頻繁に利用しています。今回挙げたポイントをおさえて購入しているので失敗はほとんどありません。

 同じアイテムでもお店を買い分けることもあります。例えばノートの場合、プリントを貼り付けるだけの用途なら100円ショップのものを、子どもが授業で使うなら文具店のものを購入するというようにです。キッチンアイテムや雑貨は100円ショップではあまり購入しません。似たつくりでも使い勝手や品質が格段に違うことがあるからです。値段が数倍したとしても、日々満足しながら長く使えるものを選ぶようにすると暮らしの質が上がります。

 うまく使い分けて賢く商品を選びましょう。お金もモノも時間も無駄にならないようにしたいですね。前回の記事『カビ予防、洗面台スッキリ!掃除の時短&ストレス軽減“100均グッズ”7選を紹介!』もあわせて読んでみてくださいね。

(文=まい/整理収納アドバイザー)

●まい

整理収納アドバイザー1級、整理収納教育士、クリンネスト2級

夫・男児2人と都内の一戸建てに暮らす主婦「まい」です。

2014年に次男の入園を機に整理収納アドバイザーを取得しました。

片付けブログ「まいCleanLife」暮らしのいろいろを日々更新中。

現在はWEBライティングを中心に活動をして、たまに雑誌に協力させていただいています。

ブログ

instagram

twitter

facebook

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合