NEW

乃木坂46卒業メンバーの女優転身が止まらない…伊藤万理華は“悩めるアイドル”から脱皮か

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

乃木坂46卒業メンバーの女優転身が止まらない…伊藤万理華は悩めるアイドルから脱皮かの画像1
伊藤万理華 OFFICIAL WEBSITE」より

 乃木坂46の卒業メンバーの女優進出が目覚ましい。

 絶対的エースだった白石麻衣は斎藤工主演のドラマ『漂着者』(テレビ朝日系)に出演中。松村沙友理は二階堂ふみ主演の火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)に、西野七瀬はドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)に出演している。乃木坂の顔としてグループ初期のイメージをつくった生駒里奈も、舞台「エン*ゲキ」シリーズ第5弾の「-4D-imetor」で主演を務めている。

 そんな誰もが知る顔以外にも、乃木坂は実力派女優を続々と輩出している。そこで、今後の有望株を探ってみよう。

続々とオファーが舞い込む堀未央奈

 たとえば、今年3月にラストステージに立った2期生の堀未央奈もその1人。現在、ドラマ『サレタガワのブルー』(MBS・TBS)で地上波連ドラ初主演を果たし、夫を翻弄する不倫妻を演じている。さらに、7月31日に放送された土曜ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系)の第4話ではDV被害者を好演。この秋には『世にも奇妙な物語’21秋の特別編』(フジテレビ系)にも出演予定と、オファーが切れることがない。

「デビュー当初の2014年に『気づいたら片想い』で1列目のフロントを経験するなど、最前線で引っ張る存在として期待された堀ですが、思うように活動できないことも多かったようで、今後に対する不安に襲われたり、自信をなくしたりしたこともあったといいます。

 そんな彼女が演技に開眼したのが、19年6月に公開された初主演映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』。脚本・監督は小松菜奈、菅田将暉のダブル主演映画『溺れるナイフ』を手がけ、鮮烈な印象を残した山戸結希。映像表現において山戸監督の作家性にあふれた同作は、漫画原作の実写とは一線を画した実験的青春映画。興行的には振るわなかったものの、堀にとって、山戸監督の感性に触れたことは幸運だったのかもしれません」(テレビ局関係者)

 そんな堀は、過去にこう述べている。

「いろんな役を演じて役を輝かせる女優になりたい。堀未央奈という名前より、役名だけ残るような存在に私は私で存在しているので、映画の中ではしっかりと役を生きたい」(「an・an」2019・7/3)

 そのたたずまいから、どこか屈折した役柄が似合いそうな堀。果たして台風の目になり得るのか。

ガッツでチャンスをつかむ若月佑美

 1期生の若月佑美も、女優として注目の逸材だ。乃木坂在籍当時から舞台やドラマに出演していたが、18年11月の卒業前後から女優活動を本格化。『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のスケバン・川崎明美役をはじめ、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『共演NG』(テレビ東京系)と話題作に引っ張りだこだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合