NEW

ネット上でクレームに猛反論…鷲見玲奈アナ、写真集PR会見で見せた“裏と表の顔”

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

ネット上でクレームに猛反論…鷲見玲奈アナ、写真集PR会見で見せた“裏と表の顔”の画像1
鷲見玲奈アナのインスタグラムより

 ネット民にケンカを売った勝気な女子アナも、内心はビビっていたようだ――。

 昨年3月にテレビ東京を退社したフリーアナウンサーの鷲見玲奈。テレ東時代は『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』『ウイニング競馬』『FOOT×BRAIN』『家、ついて行ってイイですか?』など数多くの番組を担当し、自身の冠番組『鷲見玲奈、お肉 吟じます。』を持ち、さらに局の看板番組『テレ東音楽祭』の進行役を任されるなど、テレ東随一の人気を誇るエースアナウンサーとして活躍していた。

 そんな彼女がスキャンダルに見舞われたのが、2019年12月だった。

「不倫疑惑ということでしたが、その内容といえば、2年も前に鷲見アナと上司が同僚たちを交えてカラオケ店に行った際に不適切な行為に及んだというもの。ごく一部の関係者しか知り得ない情報が2年もたって週刊誌に出たということで、彼女を妬む同僚の女子アナあたりが情報を流したのではないかという見方もありました。結局、この報道も影響してか、鷲見アナはテレ東を退社することになりました」(テレビ局関係者/20年10月6日付当サイト記事より)

 鷲見はテレ東退社後、大手事務所セントフォースに所属しフリーとして活動を始めるも、昨年10月には元恋人が「Smart FLASH」の取材に応じ、交流サイトの利用がきっかけで鷲見との交際に至ったと証言。さらに、鷲見がテレ東時代に男性ファンを獲得するために、出演時に視力は良いにもかかわらずメガネをかけたり、胸にパッドを入れ、さらにプロ野球選手や元サッカー日本代表選手などともプライベートでの交流が盛んだったと語り、世間を騒がせた。

 そんな何かと不運続きの鷲見は今月4日、写真集『すみにおけない』(集英社)を発売。発売前から重版がかかり、発売後もオリコンの週間ランキング写真集部門で1位を獲得。推定売上1万2000部を記録するベストセラーとなり、話題を呼んでいる。

 だが、発売からほどなくして、アマゾンのレビューなどで低評価が目立ち始め、「期待外れ」などといった声も散見されるように。肌を上着でガードするなど、前評判より露出は控えめで、SNS上で不評を買っているのだ。鷲見はこういった“ブーイング”に対し、Twitterで「下着!!水着!!!!という方は、多分目的が違うので買わない方がいいと思います笑」とすかさず反論(削除済み)し、プチ炎上する事態に発展した。

 18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、事務所関係者は「鷲見は、素直で勝気な性格。ついついツイッターで本音を出してしまう」と擁護した。また、同誌が鷲見の事務所に問い合わせると、鷲見本人が対応。露出を抑えた理由について「両親の意見を汲んで」と説明した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合