NEW

『宮迫ですッ!』での配信も画策?…吉本スタッフが語る、宮迫博之の“悲しきひとり相撲”

文=藤原三星
【確認中】『宮迫ですッ!』での配信も画策?…吉本スタッフが語る、宮迫博之の“悲しきひとり相撲”の画像3
吉本興業公式サイトで紹介されている蛍原徹(53)のプロフィール。「雨上がり決死隊」の文字はもうどこにもない。(画像は吉本興業公式サイトより)

宮迫のYouTubeチャンネルに吉本の後輩芸人が出演することは難しくなるのではないか

 同配信番組では、「50歳を過ぎて見苦しいかもしれないけど、あきらめずに、いつか相方と一緒に(共演が)できるように、頑張り続けたい」と涙ながらに語る宮迫が印象的でもあった。果たして本当に雨上がり決死隊の再結成はあるのか。ある芸能プロ関係者はこう語る。

「100%ないでしょう。まず、蛍原さんの側にその気持ちが1ミリもなかったからこそ、彼は解散を決意したわけです。それを断腸の思いで世間に向けて公表したまさにその真横で、宮迫さんのほうは感極まって再結成や再共演への熱い思いを語り出すという……本当に解せませんでしたね。蛍原さんも、宮迫さんのあの最後の未練がましい言葉を聞きながらもずっと無表情でしたし、内心に腹立たしさを抱えていたことは間違いないでしょう。

 今後、宮迫さんはYouTuberとして活動していくことになるわけですが、もう吉本興業所属でもないし、雨上がり決死隊という屋号もない。つまり吉本とは完全に無関係だということになるわけで、これまでのように、先輩風を吹かせて吉本の後輩を自分の番組に呼び寄せてコラボするといったことも難しくなっていくでしょう。今後、宮迫さんが芸能界復帰への未練を断ち切って、YouTuberとしてもうひと花咲かせられるのか、注目すべきはそこだと思いますね」

 2019年6月に発覚した闇営業騒動から2年あまり。芸能界復帰を夢見ながら、彼なりにイバラの道を突き進んできた宮迫ではあっただろうが、ついに雨上がり決死隊はその長い歴史に幕を閉じた。32年間連れそった相方と、そしてその相方とともに支えてきた2人の屋号まで失った今、宮迫は、この険しい道をどのように歩んでいくのだろうか。

(文=藤原三星)

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像3

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合