NEW

楽天モバイル契約数500万回線突破、キャリア業界で絶好調の理由とは?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年8月23日、楽天モバイル株式会社は携帯キャリアサービスとMVNOサービスの合計契約数が500万回線を突破したことを発表した。2020年4月に携帯キャリアサービスに本格参入して以降、携帯大手3社に追いつけ追い越せと様々なサービス等を拡充してきた。また、他社と大きく異なる従量制の料金プランも特徴だ。これらが顧客から支持され、結果に結びついたかたちだ。

まずは楽天モバイルについておさらい

楽天モバイル契約数500万回線突破、キャリア業界で絶好調の理由とは?の画像1
(Image:Karolis Kavolelis / Shutterstock.com) 自社回線への移行を促す目的で、格安事業の新規受け付けはすでに停止している

 楽天モバイルが提供する料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、「その月に使った分だけ支払うという仕組み」の柔軟でシンプルな従量制の料金プランだ。頻繁に見かけるCMでも説明している通り、データ利用量が少ないライトユーザーから、データ利用量を気にせず使いたいヘビーユーザーまで、「すべての人に最適なワンプラン」と言えるだろう。

 しかも、月間データ利用量が1GB以下だった場合は0円、1GB~3GB以下の場合は980円(税込1,078円)、3GB~20GB以下の場合は1,980円(税込2,178円)、20GB以上は楽天回線エリアではデータ利用量上限なく月額2,980円(…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合