NEW

雨上がり決死隊解散で異常な“宮迫叩き”過熱の裏事情…蛍原に“同情票”集中の違和感

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

雨上がり決死隊解散で異常な宮迫叩き過熱の裏事情…蛍原に同情票集中の違和感の画像1
宮迫ですッ!』より

 8月17日に雨上がり決死隊の解散が発表されてから、宮迫博之へのバッシングが止まらない。メディアの“宮迫叩き”が過熱する背景を探ってみたい。

 まず、「Smart FLASH」は19日に『「雨上がり」解散特番で「蛍原が宮迫をまったく見ない」と話題に…実際に見た回数を数えてみた』という記事を公開し、17日にABEMAと吉本興業の公式YouTubeチャンネルで配信された『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』での蛍原徹の視線について掘り下げていた。

 20日には、「東洋経済オンライン」で作家・ライター、お笑い評論家のラリー遠田氏による『宮迫博之「解散報告会」で見せた3つの大きなズレ 相方・芸人仲間達との関係はもはや修復不可能』という記事が公開された。

 さらに、「東スポWeb」では21日に『宮迫博之またやった! 自身の活動休止と仁鶴さん訃報モロかぶり「知らないわけない」』という記事を公開。宮迫は20日にYouTube動画の配信休止を発表したが、その数時間前に吉本にとって最大の功労者である笑福亭仁鶴さんの訃報が流れていたため、タイミングを疑問視する内容だ。

 同日に「女子SPA!」が公開したのが、筆跡アナリストで心理カウンセラーの関由佳氏による『雨上がり決死隊、署名の筆跡からも蛍原の解散への強い覚悟が』という記事だ。『解散報告会』の最後に宮迫と蛍原が1枚の色紙に記した直筆の筆跡から、蛍原の解散への強い覚悟を分析している。

 ネット上でも宮迫に対して批判的な意見が多く、一方で蛍原には“同情票”が集まっている状況だ。

解散発表で露呈した蛍原への違和感

『解散報告会』で蛍原は、解散の経緯について「宮迫さんがYouTubeを始めたあたりから個人個人の価値観なり方向性なりがあるもので、やっぱりどうも大きくなってきたような気がします。どうも僕は複雑な気持ちが続いてました」と語っている。

 続けて、「コンビなんで、すべてお互い様で、僕の価値観が合ってるとか、宮迫さんの価値観が間違っているとかではない」としながらも「(宮迫)個人でひとりでやってるならすごくそれは応援していた。相方の横に戻りたい、戻るためにということだったので、それなら僕だったらそうしないよというというズレはありました」と述べている。

 ちなみに、蛍原は「僕の中では、宮迫さんもそう思っていると思っていたんですけど、反省した後は、おとなしくして、世間のみなさんの声が大丈夫かなと踏んだら、僕らは最初、舞台から出発しているので。吉本がダメなら自分たちで劇場を借りて、地道に行けたらと思っていた」とも語っている。

「つまり、蛍原の考えでは、極端に言えば世間の批判が収まるまでは何もせずにじっとしておけ、ということです。しかし、吉本から契約を解除され、テレビからも追い出された宮迫としては、何もしなかったらこのまま消えてしまうという焦りもあったのでしょう。そもそも、『解散報告会』で明らかにしていた気持ちのズレについて、宮迫に直接ぶつけたことはあったのでしょうか? “もう1回、舞台から地道に”という発言も、宮迫と違ってテレビに出続けている人間だからこそ言えた言葉のように聞こえてしまいます」(テレビ局関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合