NEW

サムスン、携帯電話向け有機ELディスプレイの世界シェアが70%弱に激減! その理由とは?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

サムスン電子(以下、サムスン)と言えば、電化製品に詳しくない人でも知っている、韓国を代表する世界トップクラスの電子メーカーだ。なかでもサムスンと言えば、携帯電話向け有機ELの世界シェア90%以上という驚異的な数字で世界1位を不動のものにしておりその地位は安泰、かのように見えた。

しかし海外メディアの報道によると、そのシェアがここ1カ月で何と69.5%に落ち込んだというのである。

ここ1カ月で携帯電話向け有機ELディスプレイ業界に何があったのか?

サムスン、携帯電話向け有機ELディスプレイの世界シェアが70%弱に激減! その理由とは?の画像1
(Image:Framesira / Shutterstock.com) サムスンは、有機ELディスプレイならではの“曲げられる”特性を生かした折りたたみスマホも発売

 そもそも有機ELディスプレイと普通の液晶の違いをご存じだろうか。有機ELディスプレイは、有機ELそのものが発光するため、色が必要な部分だけが光り、液晶は常にバックライトが光ることで色を作り出す、仕組みそのものから大きく違う。
有機ELのメリットは、何と言っても薄型であること。そして黒の表現に優れているため、平たく言えば液晶よりも色鮮やかに見えることだ。消費電力も少なく、応答速度も速い。長らく液晶にこだわってきたiPhoneも「iPhone X」から有機ELディスプレイを採用した。

 それに比べて、液晶のメリットは何と言っ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合