NEW

転職初年度の年収が高い業種ランキング、3位不動産、2位IT系、年収516万円で1位に輝いたのは?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

昨今の社会情勢を受けて勤め先の環境や待遇が変化し、転職を考え始めている人も多いだろう。同業種・同職種での転職ならば話が早いが、その場合、給料が大幅にアップすることはそれほど多くない。

給料重視で転職をするならば、そもそも給料が高い業界に飛び込んでいく必要がある。どの業種でもある程度の年数を積めばそれなりの給料がもらえるが、どうせ転職をするなら、欲を言えば初年度から高給がいいだろう。そこで今回は、平均初年度年収が高い業種を紹介していく。

平均初年度年収が高い業種、3位不動産、2位IT系、1位は?

転職初年度の年収が高い業種ランキング、3位不動産、2位IT系、年収516万円で1位に輝いたのは?の画像1
初年度年収516.1万円の業種とは……?(マイナビ転職調べ)

 マイナビ転職が発表した「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」の一部を抜粋して紹介していこう。

 平均初年度年収が高い業種ランキング、「全体」カテゴリーの第3位は「不動産・建設・設備」で483.9万円。需要が減りにくい建物に関係する業種が3位に輝いた。「未経験者」カテゴリーでも平均初年度年収456.9万円で2位となっており、これまでと異なる業界に飛び込みたい人にはうってつけなのかもしれない。

 全体第2位は「IT・通信・インターネット」で504.2万円。現…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合