NEW

最も憧れた「三国志」の登場人物ランキング、3位「劉備」2位「諸葛亮」1位は最強ともいわれるあの武将?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「三国志」は、西暦200年前後の中国で、魏・呉・蜀の三国が覇権を争っていた時代の歴史。日本では、マンガ、ゲーム、映画など様々なコンテンツで扱われているため、ファンが多く一般的な知名度も高い。その三国志の魅力は、なんといっても、ドラマチックな物語や個性的なキャラクターの存在だろう。

今回、gooランキングが調査した「最も憧れた『三国志』の登場人物ランキング」を紹介しよう。

人気は人格者?豪傑?知将?ランキング上位は蜀から2人がランクイン!

最も憧れた「三国志」の登場人物ランキング、3位「劉備」2位「諸葛亮」1位は最強ともいわれるあの武将?の画像1
「水魚の交わり」という言葉は、劉備と孔明の親密な関係性が由来とも

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 3位にランクインした人物は、三国志演義の主人公「劉備」。乱世で苦しめられている民を救うため、関羽や張飛とともに立ち上がった劉備。負け戦も多く、情けない姿を見せることもあるが、民や配下を大事に思う心は三国志随一。その仁徳によって、諸葛亮といった優秀な人材を惹きつけ、徐々に勢力を拡大し、三国の1つである蜀を建国し皇帝になれたとか。リーダーの理想形である劉備に憧れを抱く人がいるのは必然だろう。

 2位は、孔明としても知られる蜀の天才軍師「諸葛亮」。蜀が建国できたのは、孔明の存在なしでは達成で…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合