NEW

マイクロソフトが「Chromebook」外し、目論む理由とは? ユーザーへの影響は?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

マイクロソフトは米国時間9月18日以降、「Microsoft Office」や「Outlook」、「OneDrive」といったAndroid版アプリのサポート対象から「Chromebook」を外すことを決定し、ウェブベースの「Office.com」「Outlook.com」アプリを利用するよう、ChromebookでAndroid版Officeを使っているユーザーに推奨するとしている。マイクロソフトの今回の対応の真意とは……!?

「Chromebook外し」の真意

マイクロソフトが「Chromebook」外し、目論む理由とは? ユーザーへの影響は?の画像1
(Image:Rose Carson / Shutterstock.com) MicrosoftとAndroidの市場シェア争いは激しいものになりそう

 現在アプリを起動すると、サポートとアップデートを終了したというメッセージとともに、「このバージョンのOfficeアプリのサポートまたは更新は終了しました。このデバイスで最高の最新エクスペリエンスを得るには、Office.comに切り替えてください」と表示される。

 実は、マイクロソフトにとってChromebookの存在は目の上のたんこぶとなっていた。というのも、アイルランドの企業が提供するアクセス解析サービス「Stat Counter」によると、2021年7月の世界のOS市場シェアは、Windowsは30…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合