NEW

『おかえりモネ』異色の俳優・浜野謙太&でんでんのスゴい経歴…過去の朝ドラ出演作は?

文=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , ,

『おかえりモネ』異色の俳優・浜野謙太&でんでんのスゴい経歴…過去の朝ドラ出演作は?の画像1
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』」より

 永浦百音(清原果耶)、妹の未知(蒔田彩珠)、幼なじみの及川亮(永瀬廉)の三角関係がこじれて、百音は未知に当たられる中、亮が気仙沼へ帰る船に乗らずに行方不明に。一方、百音と菅波光太朗(坂口健太郎)の関係が一気に進んだ8月30日(月)~9月3日(金)のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』を振り返ろう。

菅波に気持ちを伝え、抱き寄せられる百音

 百音は亮が行方不明になったことを野村明日美(恒松祐里)に伝え、「2人をあてに仙台に行くかもしれない」と、後藤三生(前田航基)と早坂悠人(高田彪我)にも連絡した。百音に八つ当たりして居場所がない未知は理由をつけて帰ろうとしたが、百音は引き止めた。

 その後、母・亜哉子(鈴木京香)からの電話で亮の行方が判明したことを知った百音は「亮をもう1日だけ休ませてあげたい」と伝えて、バス乗り場へ迎えに行くことに。しかし、未知は「亮が迎えに来てほしいのは百音だから自分は行かない」と言い、それを聞いた明日美も「それはわかりきったことだ」「私たちが迎えに行っても、亮はカッコつけちゃうから」と、百音に一人で行くよう促した。

 その後、百音との前日の約束が延期になってしまっていた菅波が汐見湯へ迎えに来たが、未知は「百音は亮のところに行った。2人は昔から通じ合っている」と誤解を招くことを口走り、菅波を動揺させた。

―――

 喫茶店で亮を見つけた百音は汐見湯へ連れて帰り、気仙沼に帰ろうとする未知と鉢合わせする。その直後に、三生と悠人が仙台から駆け付けた。久しぶりの全員集合に雰囲気が明るくなる中、百音はふさぎ込んだままの未知に「島に帰るまで亮を見ていてほしい」と頼んだ。姉の優しさに触れた未知は、「菅波にひどいことを言ってしまった」と謝罪した。

―――

 百音が菅波に電話をして謝ると、「地元の友達が大変なときに、ほかのことを忘れてしまう人の方が信頼できる」と言われ、まずはそっちを大切にしてほしいと背中を押された。

―――

 6人は、小学生のときにUFOを見に行き、なぜか三生が号泣したという話で盛り上がった。懐かしい話に笑い合っていたが、三生たちの将来の話になると、地元で暮らすことに対する意識の違いから重たい空気に。亮を地元が縛りつけていると考える明日美に対して、地元でイキイキと漁師をしている亮を知っている未知は、悪い一面だけで判断してほしくないと訴えた。

 背負うものの大きさの違いや亮への気遣いから、震災の話をできなかった6人。「話しても地獄、話さなくても地獄」と亮が弱々しく微笑むと、三生は、大人になってしまったこと、みんなの状況が変わってしまったことなどをすべて受け入れた上であきらめずにいたいと泣き、「俺ら、もう普通に笑おうよ」と言った。

―――

 6人は昼ごはんから汐見湯へ帰り、亮は父の新次(浅野忠信)に電話するためにコインランドリーへ。百音が迎えに行くと、亮は前日の夜に百音に弱音を吐いてしまったことを謝った。幼なじみだから当然のことのように対応する百音に、「本当は気持ちをわかってるんでしょう?」と亮。百音は友達として対等に見ていることを伝えると、亮は謝り、恋愛はしないと笑った。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合