NEW

男性向けビジネスコーデ 「清潔感」を出すポイントとは?

新刊JP
【この記事のキーワード】

, ,

男性向けビジネスコーデ 「清潔感」を出すポイントとは?の画像1
※画像:『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社刊刊)

 相手に与える自分の印象によって、商談や交渉事の成果から社内の立ち位置まで大きく変わる。


 もちろん、中身も重要だ。しかし残念なことに、それだけでは思い描いた結果を得られないことも多い。服装や身なりを変えるだけで、事態は好転する。そう、ビジネスを制する男性はビジネスコーデも抜かりない。


 しかし、オシャレに無頓着な立場からすると、「どんなコーデがいいのか分からない」「無理にいじって逆に悪くなるんじゃないか」という不安がよぎる。そこで強い味方になるのが、スタイリストの森井良行氏が執筆した『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社刊)だ。

 

■「いい見た目」の基本、「清潔感」の正体とは?


 本書では、まず「いい見た目」の基本を知ることから始まる。では、好印象を与える見た目は何によってつくられるのか。著者が30年以上悩み、考えてきた結果、それは「清潔感」と「存在感」なのだそう。


 では、「清潔感」と「存在感」とはどういうことか? それは次のように定義される。


「清潔感」=マイナス要素ゼロ
「存在感」=人の記憶に残る


 「清潔感」はよく言われるが、それだけでは「不快感を持たれない人」止まりになってしまう。「存在感」をプラスすることで80点以上に見た目がつくれるという。


 ともあれ、まずは「清潔感」の方である。一体「清潔感」ってどうすれば醸し出せるんだ。きれいな服をきればいいのか。そんな声が聞こえてきそうだ。


 森井氏は「清潔感」=「清潔」ではないと語る。「マイナス要素ゼロ」というのは、シャツの襟や袖の先がピシッとアイロンがけしてある、袖口がほつれていない、靴がピカピカに磨かれているといった、細部までNG要素がない、つまり「残念なところがない」ことを言う。

 

■重要ポイント「シャツの襟先」をピシッと保つには


 ここで特に気を付けたいのが「先端」だ。人は無意識に「シャツの襟先」「ジャケット袖先」「ネクタイの剣先」「靴のつま先&かかと」の4ポイントだ。本書ではそれぞれの整え方について具体的に説明されている。


 たとえば「シャツの襟先」は相手と顔を合わせるたびに必ず目に入るポイント。なので、シャツの襟の裏にあるポケットに入れて、襟先の形状をピシッとしてくれる「カラーキーパー」というアイテムを使う。


 特にクールビズの期間は、ノーネクタイで第一ボタンを開けてシャツを着るスタイルが主流だが、襟先が目立つのでカラーキーパーの再確認が大切だと森井氏はつづる。


 ほかにも、第一ボタンを開けていると、シャツの襟裏まで目に入るが、ここが黄ばんでいる男性も多いという。要注意だ。シャツは色や柄に気を付けていればいいというわけではない。襟先、襟裏の手入れを徹底したいところである。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合