NEW

宮迫博之、テレビ復帰の道は完全に消滅か…支離滅裂な言動、YouTubeも怪しい雲行き

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

宮迫博之、テレビ復帰の道は完全に消滅か…支離滅裂な言動、YouTubeも怪しい雲行きの画像1
画像はABEMAにて配信された『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』より

“闇営業”が報じられてから約2年がたち、紆余曲折を経て雨上がり決死隊は解散へと至った。宮迫博之と蛍原徹の32年に及んだコンビは、あまりにも呆気ない幕引きを見せた。『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』の放送から2週間たつが、いまだ宮迫関連のニュースが多く流れ、世間を賑わしている。

 雨上がり決死隊の解散により、実質的に宮迫のテレビ復帰への希望はなくなった、という見方が強い。「解散報告会」を、吉本興業の関係者はどうみたのか。

「相も変わらず宮迫さんは自分のことしか考えていないな、というのが率直な感想です。コンビを組んでいた蛍原さんは、宮迫さんの闇営業が発覚してから吉本の関係者やテレビ局やスポンサーなどに対しても、しばらくは平謝りしていたと聞いています。それも、宮迫さんが戻ってこられる可能性を少しでも残してあげたい、という蛍原さんなりの気遣いだったんでしょう。そんな蛍原さんの優しさを無視するように、宮迫さんはYouTubeを始めました。そんな不義理をする人間であることに加え、あれから2年近い時間がたっても、この人は何も変わらないんだな、と冷ややかな目で見ています」

 宮迫という存在は、吉本にとってはすでに”過去の人”だという声もある。上層部も雨上がり決死隊の解散については、少し距離を置いた見方をしているという。

「致命的だったのは、宮迫さんが『(反社勢力から)お金を受け取っていない』という嘘をついたこと。また、そこにほかの芸人たちも巻き込んだことです。その嘘のために、さまざまな人が迷惑を受けました。田村亮さん(ロンドンブーツ一号二号)を含むほかの芸人たちは反省していたこともあって、『現場に戻してあげたい』という声がたくさんありましたが、宮迫さんに関しては皆無でした。

 当時は上層部もカンカンでしたが、今では目くじらを立てるようなこともなくなりました。すでに”外部の関係ない人”という見方です。だから、報道されているように、吉本が宮迫さんのテレビ復帰を邪魔するようなこともないでしょうし、『あの人にはもう関わりたくない』というのが正直なところだと思います」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合