NEW

ONE PIECEがNetflixによる実写化で巨額予算投入に期待集まるも、思い出される悪夢に不安視する声

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の大人気コミック「ONE PIECE」の実写版ドラマがNetflixで配信されることが決まり、そのタイトルロゴが入った第1話の台本の表紙がネット上で公開されて話題を呼んでいる。

国内のみならず世界中で、原作漫画はもちろんアニメや劇場版でも多くのファンを魅了し続けてきた同作品。実写化にも期待が集まっているが、気になるのは不安視する声がかなり多いことだ。人気作の実写化にファンから拒否反応が出ることは珍しくないが、あまりにもその声が多いのには、Netflixだからこそだった?

潤沢な予算を投入、原作者の制作参加に期待も

ONE PIECEがNetflixによる実写化で巨額予算投入に期待集まるも、思い出される悪夢に不安視する声の画像1
公開された第1話の仮タイトルは、原作の第1話のタイトルと同じ(画像:@NetflixGeekedより引用)

 ONE PIECE といえば1997年から連載が続く、全世界累計発行部数が4億9千万部を超え圧倒的な人気を誇っている超人気作。海賊王を夢見るモンキー・D・ルフィーとその仲間たちによる「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る、波乱と冒険と友情に満ちた壮大な海洋冒険物語だ。これまでにも実写化の話はいくつもあったが、集英社や作者・尾田栄一郎氏らの納得のいくレベルをクリアできず、見送られてきたという。

 同作のハリウッドによる…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合