NEW

「KAT-TUN辞めりゃいいじゃん」…上田竜也、また物議醸す言動でファンからも批判続出か

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

「KAT-TUN辞めりゃいいじゃん」…上田竜也、また物議醸す言動でファンからも批判続出かの画像1
ジャニーズ事務所

 KAT-TUNのあのメンバーの言動が、また物議を醸しているようだ――。

 人気ジャニーズグループのKAT-TUN。今年でデビュー15周年を迎えたが、その道のりは決して平たんではなかった。2001年に6人でデビューしたKAT-TUNだが、10年には亀梨和也とツートップ的な人気を誇っていた赤西仁が突如、グループを脱退してソロに。12年には女優・黒木メイサとの結婚をジャニーズ事務所に事後報告したとして問題視され、14年に退所。13年にはルール違反が重なったとして田中聖が事務所から契約を解除された。さらに、16年には田口淳之介も事務所を退所し、19年には大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕される事件を起こしていた。

 結果、3人が抜け、現在は亀梨、上田竜也、中丸雄一の3人で活動しているが、週刊誌記者は言う。

「デビュー当時のメンバーの顔ぶれをみてもわかるように、他のアイドル色が強いジャニーズグループとは明らかに違い、ちょっと危険な香りも漂う“ワイルドさ”が感じられるグループだった。そんな異質さが受けたのか、デビュー直後の人気の上がりぶりは凄く、事務所としても大きな期待をかけていた。しかし、人気の要因でもあったメンバー各人の個性の強さが裏目に出たのか、脱退者が相次ぎ、16年には田口の退所を機に1年8カ月のグループ活動休止に入り解散危機も囁かれるなど、苦難を味わうことに。

 一方、そんな苦労を経ているだけに、根強いファンがついているのも事実。今年3月からは全国ツアー『15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN』も行われ、ネット上ではファンから多くの歓声があがっています」

チャンカパーナ事件

 そんな3人だが、相変わらず中丸が“優等生キャラ”を貫く一方、他の2人の行いが批判を浴びる事態も起きている。

 昨年、亀梨は山下智久と共に女子高生と飲酒を共にしていたことが発覚し、亀梨は事務所から厳重注意を受けた。

「山下は飲み会後、同席していた女子高生とホテルの同じ部屋に宿泊したと伝えられ活動自粛処分を受けたこともあり、“罪が軽かった”亀梨のほうは悪いイメージが薄まった。厳重注意といっても実質は“お咎めなし”となったわけですが、通常であれば重い処分が下されてもおかしくはない事案。結局、山下は亀梨との処分の差に納得できず、事務所の退所につながったともいわれています」

 また、上田も“チャンカパーナ事件”が記憶に新しい。

 昨年9月、音楽番組『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)で総勢10組のジャニーズグループがメンバーをシャッフルして組み、ジャニーズソングをメドレーでつなぐという企画が放送されたのだが、二宮和也(嵐)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、中間淳太(ジャニーズWEST)と共にNEWSの曲『チャンカパーナ』を歌唱するために登場した上田は、なぜかひとりだけ踊らずに棒立ち状態で口を動かし、さらに明らかにカメラを睨みつけ、時折つまらなそうな様子でプイッと横を向いたり、ズボンのポケットに手をツッコむような仕草まで見せたのだ。

 これを受けインターネット上では、上田がNEWSの曲を歌わされることを嫌がっていたのではないかという声も出るなど、さまざまな憶測を呼んだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合