NEW

佐々木希の沈黙で叩かれ続ける渡部建、宮崎謙介と原田龍二は妻が鎮火…不倫男たちの明暗

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

佐々木希の沈黙で叩かれ続ける渡部建、宮崎謙介と原田龍二は妻が鎮火…不倫男たちの明暗の画像1
謝罪会見を行うアンジャッシュ・渡部建(写真:REX/アフロ)

 アンジャッシュ・渡部建という名前が、今となっては懐かしい。もはや「あの人は今」状態だ。そんな渡部が不倫スキャンダルで表舞台から姿を消したのは、昨年6月。それから1年3カ月が経過し、活動自粛は異例の長さになっている。

 そんな中にあって、同じようなスキャンダルを食らっても復活しているタレントもいる。許された男と、いまだに許されない男の境界線はどこにあるのだろうか?

宮崎謙介と原田龍二は妻が鎮火?

 たとえば、元衆議院議員の宮崎謙介氏だ。2016年、男性議員として異例の“育休”宣言をしたものの、妻で元衆院議員の金子恵美氏の妊娠中に不倫し、議員辞職に追い込まれ、金子氏もその余波で再選できなかったという苦い過去がある。

 世間の反感も収まっていた昨年11月、4年ぶり2度目の不倫スキャンダルに見舞われ、またしても大逆風にさらされたが、それでも金子氏は離婚しないどころか宮崎氏の良さを熱弁し、テレビで夫婦共演を果たしている。また、当の宮崎氏も普通にメディアに露出している。

 原田龍二も、その一例だろう。19年5月、複数の女性ファンと自分の車の中で性行為をしていたことが発覚、“4WD不倫”と騒がれた。しかし、今や『しゃべくり007』(日本テレビ系)や『行列のできる法律相談所』(同)などのバラエティ番組、『検事・佐方~恨みを刻む~』(テレビ朝日系)、『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系)といったドラマに出演し、山本漢方製薬の「大麦若葉」のCMでは妻で元女優の愛さんと共演している。

 この3者は不倫スキャンダルという点は同じだが、パートナーの対応に若干の違いがみられるといえそうだ。

異例の“妻同伴”会見が奏功した例も

 過去の不倫スキャンダルでも、妻の存在によって世間の“アレルギー”が軟化した例がある。タレントの峰竜太は結婚から7年後の1982年に女優やモデルなど複数の女性との不貞が明らかになったが、謝罪会見に妻の海老名美どりが同席。ここから、峰は“恐妻家”キャラで大ブレイクを果たした。実際、海老名からは不倫を報じた雑誌を1ページ読むごとに叩かれたという。

 また、川崎麻世も93年7月に斉藤由貴との不倫が報じられ、会見を開いたのだが、会見場では妻のカイヤが腕組みをしながら鬼の形相でにらみつけるという、まさかの展開に。ここから、カイヤは“鬼嫁タレント”としてブレイクしていった。しかし、これは川崎がカイヤを半ば無理やり連れ出した“演出”だったという。

「もちろん、謝罪の場に妻を引っ張り出すことがすべて得策だとは思えませんが、一人で針のむしろになるよりは、マスコミの興味も分散され、メディアでの報じられ方も違ってきます」(テレビ局関係者)

 原田も会見で、妻から「原田、アウトー!」と一喝されたと語り、話題となった。その点、渡部の妻の佐々木希はインスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません。今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」と記したのみで、以降は沈黙を守っている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合