NEW

auの「povo2.0」“月額0円”に実は制約も。もしかして「0円」って言いたいだけでは…?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

auを運営するKDDIの新プラン「povo」が、9月下旬頃に「povo2.0」に進化することが発表された。これまでのpovoは月額2,728円(税込、以下同)で20GBというプラン一択だったのだが、povo2.0からはユーザー自ら通信容量などを選択していくシステムだという。さらにpovo2.0の大きな特長のひとつが「月額基本料0円」という部分だ。しかしこの基本料0円、ずっと0円で使い続けられるのかと思いきや、意外にそうでもないらしい。

今回は、新たに登場したpovo2.0についてお伝えしていきたい。

povo、povo2.0に進化しプランも大幅刷新!

auの「povo2.0」“月額0円”に実は制約も。もしかして「0円」って言いたいだけでは…?の画像1
(Image:news.kddi.com) 「povo2.0」は月額基本料0円でデータトッピングや通話トッピング、コンテンツトッピングを自分で追加する方式になっている

 povo2.0最大の特徴は「お客さまのライフスタイルにあわせて10種類のトッピングを自由に選択できるオールトッピング」というシステムだ。0円のベースプランの上に、ユーザーの通信量に合わせて容量を選択できる「データトッピング」や各種通話かけ放題の「通話トッピング」、さらには「DAZN」「smash.」などのコンテンツが利用可能になる「コンテンツトッピング」を選択していく形式だ。

 トッピングの内容によって料金が発生するものの、0円のままでも受信無料の通話やSMS(発信は従量課金制)、さらには128kbpsの低速に限定されはするがデータ通信も利用可能だという。

auの「povo2.0」“月額0円”に実は制約も。もしかして「0円」って言いたいだけでは…?の画像2
0円で使い放題? 実はベースプランには制約があった

「ベースプランが0円で、有料のトッピングを自由に買い込んで自分らしく使いましょう」ということなのだろうが、筆者はここで「ベースプラン0円」を強めに押し出す告知に違和感を覚えてしまった。一般的な利用を想定すればトッピングの購入は避けては通れない。そう捉えるとベースプランはあくまで「トッピングという商品を入れるカゴ」であり、スーパーで「カゴの利用は0円です!」と言われても魅力的に思えないのだ。単に「0円」というワードのインパクトを求めて謳っているだけのようにも感じてしまう。

 「けど低速通信で我慢して自分から発信しなければ0円で使い放題なんでしょ?」と思う人もいるかもしれないが、ここにも注意点が存在するという。実はベースプランには「※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります」と注意書きがある。つまり通信速度に我慢を重ねて無理やり0円で使い続けていると、いつか突然「あなたはお客じ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合