NEW
夢を掴め、強く生きろ! 解決・沖田塾

遊びたい、眠たい、面倒臭い…欲望や邪念にどうすれば勝つことができるのか?

文=沖田臥竜/作家
【この記事のキーワード】

, ,

遊びたい、眠たい、面倒臭い…欲望や邪念にどうすれば勝つことができるのか?の画像1

 ここでは、読者から寄せられた質問に答えていきたい。

   今回寄せられた質問はこれだ。

 「遊びたい、眠たい、面倒臭い…そうした欲望や邪念に打ち勝つ方法を教えてほしい」

 何事においても、勝つとか負けるとかの発想になるのが愚かなのである。

 誰しも人間なので、感情というものはもちろんある。どれだけ淡白な人間であったとしても、欲望だって大なり小なりあるはずだ。遊びたいとか、眠たい、面倒臭いという感情も、立派な欲望として存在している。

 私がとにかく毎日、休みなく働くことを自らで選択したので、一般的な人々よりも「遊びたい」という感情が薄いと思う。食欲にしてもそうだ。仕事に没頭していれば、腹が減ってきたらといって休憩しようとは、まずならない。

 ただ、徹夜が続くと、強烈な睡魔に襲われることがままある。もうそうなると、理性や気持ちでどうにかできるような問題ではない。書きながら寝落ちしてたりしてしまうのだ。その時に目を覚まして「くっそ! 睡魔に負けてしまった」なんて思うか。欲望や邪念に負けたと思うか。

 それと同じように、自然と湧いてくる自己の感情に対しては、勝とうとか、抑えようとか思うのではなく、うまくコントロールしていくと考えるべきだ。うまく感情をコントロールさせることによって、モチベーションを上げていくのである。遊びたいと思ったら、遊んだっていいじゃないか。遊んだあとには思いっきり働くと心に決めてから、まずは自分の欲望と向き合うべきだ。

 面倒臭いという感情は、常に内面にドンと踏ん反りかえっており、「もうええやんけ、休め、休め」と自分に囁いてくるものだ。これは何も仕事に限ってのことだけでない。家事にしても、子育てにしても、勉強にしても、何だって面倒に思うときがあるだろう。

 そもそも、生きるということ自体がまあまあ面倒で厄介なものなのである。もっといえば、それが人間の営みなのだ。

 ただ、その面倒の先には……。

※この続きを読みたい方は、以下をご登録ください。メールにてお届けします。

■『沖田倶楽部(仮)』登録者募集!社会の底辺を知る男が語る「絶対に裏切られない『成功の掟』」の画像1

メールアドレスを登録していただくと、登録者しか読めないコラムが掲載されたメルマガをお届けさせていただきます(無料)。
また、他のメディアには決して掲載されない経済、芸能、裏社会のプレミアム情報や書き下ろしコラム、豪華ゲストによる各種コンテンツをお届けするオンラインサービス『沖田倶楽部(仮)』が今秋スタート予定。後日、入会に関しての詳細をお送りいたします。

メール登録はこちら

●沖田臥竜(おきた・がりょう)
2014年、アウトローだった自らの経験をもとに物書きとして活動を始め、小説やノンフィクションなど多数の作品を発表。最新小説『ムショぼけ』(小学館)を原作にした同名ドラマが10月からスタート。調査やコンサルティングを行う企業の経営者の顔を持つ。

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合