NEW

アップル「iPhone 13 Pro」を無料で提供!? 米通信大手が大胆キャンペーンでシェア争い激化!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

アメリカの携帯通信業界も、ユーザーの確保の方法はかなり即物的なようだ。なんと大手の企業が、発表されたばかりの「iPhone 13」シリーズを無料で提供する施策を打ち出したというのだ。ご存じの通りアメリカはiPhoneを開発しているアップルのお膝元。世界的に見てもiPhone人気の高いエリアである。そんなアメリカで「iPhone 13無料!」なんてキャンペーンを打ち出せばかなりの話題となりそうな予感もする。

今回は、そんなアメリカの通信業界の施策と、日本のかつての集客方法について考えていきたい。

下取りとプラン契約でiPhone 13 Proを無料でゲット!

アップル「iPhone 13 Pro」を無料で提供!? 米通信大手が大胆キャンペーンでシェア争い激化!の画像1
(Image:2p2play / Shutterstock.com) アメリカの大手企業が思い切った策に打って出た

 アメリカの通信大手・AT&Tは現地時間14日、同日に発表されたばかりの「iPhone 13 Pro」を無料で提供するキャンペーンを打ち出したという。無料提供を受けるには「対象製品の下取り」と「無制限データプラン契約」という条件をクリアする必要があるというが、一方で新規客と既存客、どちらもOKという懐の深さも見せている。

 iPhone 13 Proはアメリカの小売価格で999ドル(日本の公式サイトでは122,800円~)だといい、発表前から乗り換えを検討していたユーザーにとっては渡りに船といったところだろう。また通常のiPhone 13ではなく、iPhone 13 Proと上位機種を提供してくれることも嬉しいポイントだ。

 同様の施策は同じ通信大手のTモバイルUSでも実施されるといい、ベライゾン・コミュニケーションズでは最大800ドルの特典を提供するなど、ライバル同士で業界シェアの拡大競争が激化しているようだ。

アップル「iPhone 13 Pro」を無料で提供!? 米通信大手が大胆キャンペーンでシェア争い激化!の画像1
(Image:Robert Way / Shutterstock.com) アップル人気もあり、iPhone 12も世界中で売れに売れた

 アメリカの通信大手同士がユーザーの奪い合いをしている様子は、かつての日本の3大キャリアを見ているようだ。日本も数年前まで、「実質0円」をうたい文句に各社でスマホ端末の値引き合戦が横行していたことを覚えている読者も多いはずだ。日本では国が規制をかけたこともあり、こうした極端な割引競争はだいぶ落ち着きを見せたが(なくなったというわけではない)、海の向こうでは今もなお人気機種をエサにバチバチのバトルを繰り広げているようだ。

 調査会社・カウンターポイントの試算によれば、2021年にiPhone 13は「iPhone 12」と合わせて総出荷台数が6億台を上…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合