NEW

サムスンが「iPhone 13を痛烈dis」も、過去の恥ずかしいツイートも掘り起こされる事態で裏目に

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

思わぬところでサムスンが批判を浴びている。日本時間の9月15日、アップルが「iPhone 13」シリーズを含めた新製品発表イベントを行っていた際、サムスン米国法人が、なんと公式ツイッターアカウントで、アップルをディスるツイートを堂々と連発していたからである。

案の定、一連のツイートには批判が殺到!さらに過去の黒歴史(?)まで掘り起こされ話題となる事態に発展している。

サムスンの焦り?それとも担当者の独断?止まらないアップルdisツイート

サムスンが「iPhone 13を痛烈dis」も、過去の恥ずかしいツイートも掘り起こされる事態で裏目にの画像1
(Image:Zhuravlev Andrey / Shutterstock.com) サムスンはアップルを強烈にライバル視している感じがするが、アップル側は?

 サムスンはお家芸ともいえる有機EL技術を生かし、“折りたたみ”式のスマートフォンを数年前から開発・販売してきた。その技術は素直に素晴らしいが、イベントでアップルが「iPad mini(第6世代)」を発表しているときに「それを半分に折ることができたら、どれほどクールだっただろうか」とツイートしている。

 サムスンの皮肉はまだまだ止まらない。iPhone初のリフレッシュレート120Hzを実現した「iPhone 13 Pro」に対しては、「私たちはしばらく前から120Hzだよ…」、イベント終了直後には、「2021年にまだノッチが存在することを想像してみろよ」と、iPhone 13シリーズのノッチ部分を小ばかにしたツイートを、なんとご丁寧に自社の「Galaxy Z Fold3 5G」のハッシュタグまでつけて呟いているのである。

 案の定、アメリカのツイッターユーザーからは批判が殺到!よほどiPhoneファンの怒りを買ったのか、サムスン米国法人が過去にツイートしてしまった恥ずかしいツイートまで掘り起こされてしまったのである。

サムスンが「iPhone 13を痛烈dis」も、過去の恥ずかしいツイートも掘り起こされる事態で裏目にの画像2
(Image:mokjc / Shutterstock.com) サムスンのツイート担当者が、ツイートソースラベルを知らなかったなんてことあり得る?

 2021年1月、サムスンは今回のアップル同様新製品の発表イベントを控えており、その告知のためのツイートを投稿した。ツイッターには、ツイートソースラベルといって、「Twitter for Android」「Twitter for Web」など、その投稿がどんな端末やソフトからツイートされたかが表示されるが、そこになんと「Twitter for iPhone」と表示されていたのである。

 別にサムスンに勤務している人がどこのスマホを使おうと私たちには関係ないが、せめてツイートを投稿するときぐらいは気を付けてほしいものである。それが今回のやりすぎディスりツイートのせいで、また掘…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合