NEW

iPhoneユーザーの約7割がiPhone 13シリーズを購入する気がないことが判明

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

9月24日に発売された「iPhone 13」。手に入れたという人のなかには、過去のiPhoneシリーズからではなく、Androidスマートフォンから乗り換えたという人もいるだろう。一方で、iPhone 13をまだ購入していない各OSのスマホユーザーは、購入したいと思っているのだろうか。

今回は、MMD研究所が15歳~69歳の男女6,517人を対象に調べた「iPhone 13シリーズに関する購入意向調査」から、OS別の購入意向の結果と購入を検討しているお店を紹介しよう。

iPhoneを頻繁に買い替える人の方が少ないのか?

iPhoneユーザーの約7割がiPhone 13シリーズを購入する気がないことが判明の画像1
(MMD研究所調べ)

 まずは、iPhone 13シリーズの購入意向の調査から。「購入する予定」7.9%、「購入を検討している」14.7%、「購入する気はない」77.5%。OS別にしてみると、iPhoneユーザーは、「購入する予定」11.9%、「購入を検討している」21.8%、「購入する気はない」66.3%。Androidスマホユーザーは、「購入する予定」3.8%、「購入を検討している」6.4%、「購入する気はない」89.8%。全体を通して、購入意向にあると答えた人が22.6%だったことに対して、iPhoneユーザーは33.7%、Androidスマホユーザーは10.2%という内訳だった。

iPhoneユーザーの約7割がiPhone 13シリーズを購入する気がないことが判明の画像2
購入検討している人の中での一番人気はiPhone13(128GB)だった(MMD研究所調べ)

 iPhoneは基本的に1年に1度、新シリーズが発売されるが、その度に買い替える人よりも、「今使っているiPhoneが壊れた」、「バッテリーの寿命がきたから」という理由で乗り換えるライトユーザーの方が多いだろう。3、4年同じiPhoneを使っているユーザーをよく見かけるし、iPhoneを購入するときは36カ月の分割払いなどもあり、数年単位で買い替えるというニーズも多いのだろう。もしかしたら、iPhoneが壊れにくい頑丈な設計にしているからこそ、新規への乗り換えが30%ほどに止まっているのかもしれない。

キャリアで購入する人が多い理由とは?

 次に、iPhone 13シリーズを購入検討している人が購入する場所を紹介しよう。1位は「キャリアショップ」で、iPhoneユーザーが66.2%、Androidスマホユーザーが69.0%。2位は「アップルストア」で、iPhoneユーザーが17.3%、Androidスマホユーザーが10.2%。3位は「家電量…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合