NEW

サブスク版よりもお得!? 永久ライセンス版Microsoft「Office 2021」が10月5日に発売開始に!

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ビジネスでパソコンを使ううえで必須となっているのがWord、Excel、PowerPointなどを含むMicrosoft「Office」だ。テレワークで使うパソコンのためにわざわざサブスク版の「Microsoft 365」を契約した人もいるのでは? だが、Windows 11がリリースされるのに合わせて最新版の「Office 2021」が2021年10月5日に発売されることになった。もし、サブスク料金を支払い続けるのが嫌な人は、最新Office 2021の永久ライセンス版購入を検討してみよう。

Microsoft「Office」には永久ライセンス版もあるが……

サブスク版よりもお得!? 永久ライセンス版Microsoft「Office 2021」が10月5日に発売開始に!の画像1
(Image:Vladimka production / Shutterstock.com)

Microsoft「Office」には、ビジネスでは不可欠なWord、Excel、PowerPointといったアプリが含まれている。そのため、テレワークで使う自宅のパソコンに、サブスク版の「Microsoft 365 Personal」を導入した人もいるだろう。2021年9月時点では、Microsoft 365 Personalが1年間1万2,984円(月換算1,284円)で使えるようになっており、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Microsoft エディターなどのアプリはもちろん、1TBのクラウド(OneDrive)が利用できるほか、常に最新アップデートがサポートされており、同時に5台までサインイン可能となっている。

サブスクでずっと料金を払い続けるのが嫌だという人向けには、永久ライセンス版の「Office 2019」も用意されている。Home&Business版(Mac&Win対応)は3万8,284円、Personal版(Winのみ・PowerPointなし)は3万2,784円で購入できる。確かに3年以上使えばこちらのほうが安くつくが、永久ライセンス版で同時利用できるのは2台まで。また、1TBのクラウドは利用できないほか、サポートは2023年10月10日まで、延長サポートも2025年10月14日までとなっている。うーん、これは悩ましい……。

サブスク版よりもお得!? 永久ライセンス版Microsoft「Office 2021」が10月5日に発売開始に!の画像1
(Image:microsoft.com) 家庭向けのOfficeは、サブスク版の「Microsoft 365 Personal」、永久ライセンス版の「Office Home&Business 2019」(Mac&Win対応)、「Office Personal 2019」(Winのみ対応)の3種類がある

Windows 11に合わせて最新版Office 2021が10月5日に発売!

Microsoft「Office」をサブスク版にするか永久ライセンス版にするか悩んでいる人も多いと思うが、実は、Windows…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合