NEW

povoユーザーは「povo2.0」への乗り換えちょっと待った、面倒な割にデメリットが大きかった!

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

auの格安料金プラン「povo(ポヴォ)」は、2021年9月29日より、基本料0円で自由にデータ通信量やかけ放題を自分でトッピング(追加)できる新プラン「povo2.0」をスタートした。上手く活用すれば0円での維持も可能とあって注目されているが、すでに「povo1.0」を契約しているユーザーから見れば、必ずしもよい面ばかりではないようだ。そこで今回は、「povo2.0」の運用面でのデメリットを解説しよう。

そもそも「povo2.0」ってどんな料金プランなの?

povoユーザーは「povo2.0」への乗り換えちょっと待った、面倒な割にデメリットが大きかった!の画像1
(Image: povo.jp)


auの「povo(ポヴォ)1.0」は、月20GBで月額2,728円という格安プランだ。データ量やかけ放題は自分でトッピング(追加)する方式となっている。しかし、ライバルの「LINEMO」が月3GBプランを提供したため、急遽、2021年9月29日からは、基本料0円で好きなデータ量を自分で追加する新プラン「povo2.0」をスタートしたのである。

povo2.0のデータトッピングは、1GB/7日間で390円、3GB/30日間で990円、20GB/30日間で2,700円、60GB/90日間で6,490円、150GB/180日間で1万2,980円が用意されている。それ以外のトッピングの詳細については→こちらで確認してほしい。

このpovo2.0では、新たに3GB/30日間で990円というプランが追加された。また、90日間(3カ月)で60GBが6,490円で提供されるため、1カ月平均20GB/2,163円となるほか、180日間(6カ月)で150GBは1万2,980円になるため、1カ月平均25GB/2,163円となり、従来のpovo1.0よりもお得になる計算だ。

povoユーザーは「povo2.0」への乗り換えちょっと待った、面倒な割にデメリットが大きかった!の画像2
povo2.0は月〇GBというプランではなく、基本料0円に上記のデータトッピングを組み合わせる方式。上手く活用すれば月0円で運用することも可能だが……

povo2.0を基本料0円のまま長期運用するのは無理!

一見、お得になったように見えるpovo2.0だが、注意したい部分がある。まず気になるのが「本当に基本料0円で運用できるのか?」ということだ。

実は、povo2.0には「180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがある」というルールが定められている。そのため、半年に1回は何かしらのトッピングを追加しなければならないのだ。したがって、長期間運用する場合は、たとえば330円の「データ使い放題(24時間)」などを半年に1回は追加する必要が出…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合