NEW

ブラック企業をどうしても辞められない理由、3位「家族を不安にさせる」2位「生活が困窮する」1位は?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

長時間労働、低賃金、サービス残業、パワハラ上司……「もうこんな会社やめたい!」そう思って退職を検討したことがあるあなたが務めている会社は、世間一般で見ても“ブラック企業”なのかもしれない。今回は、日本労働調査組合が実施した「ブラック企業に関するアンケート」をもとに、ブラック企業を辞めたい理由ランキングを発表する。

全体の約70%が退職を検討

ブラック企業をどうしても辞められない理由、3位「家族を不安にさせる」2位「生活が困窮する」1位は?の画像1
20代の約80%が退職を検討していると回答(日本労働調査組合調べ)

 同調査は、勤務先が「ブラック企業だと思う」と回答をした全国の20代~40代の会社員552人を対象に行われたもの。ブラック企業に勤めていると自認している人で退職を検討しているのは68.7%と、やはり退職意向率が高いことが伺える。裏を返せば約30%の人は辞める気がないことが判明した。

 年代別に見てみると、「20代」では77.8%が辞めることを検討しているといい、全体よりも退職したいと思っている人が多いことが分かった。また、「30代」では66.8%、「40代」では61.2%と、年代が上がるほど退職の意向が低くなる模様。30代や40代の中には、ブラック企業でも長年築いたキャリアを棒に振るのはもったいないと退職を躊躇している人も少なくない。年齢が上がるほど未経験職種への転職が難しいといわれていることも少なからず影響しているのだろうか。

ブラック企業をどうしても辞められない理由、3位「家族を不安にさせる」2位「生活が困窮する」1位は?の画像2
中には、給料の未払いや就業規則がないなど、驚きの理由も上がっている(日本労働調査組合調べ)

 ブラック企業を辞めたい理由ランキングでは、1位が「給料が安い」(37.7%)、2位「従業員を大切にしない」(30.6%)、3位「仕事量が多い」(28.2%)、4位「不当な人事評価」(24.3%)、5位「人間関係」(23.5%)という結果に。同じ日本労働調査組合が6月に実施した調査で「ブラック企業だと思う定義」の1位に選ばれた「サービス残業」は、今回7位にランクイン。そのほか、トップ10には、「離職率が高い」「理不尽な要求」「長時間労働」などが挙げられた。

 カテゴリー別に辞めたい理由を見てみると、「労働時間」を抑えて「人間関係(ハラスメント)」が1位に。ブラック企業の激務や薄給には耐えられても、合わない上司や会社の雰囲気に耐えられないという人は多いのかもしれない。一方で、やめられない理由については上から「転職活動が不安」(41.7%)、「生活が困窮する」(38.9%)、「家族を不安にさせる」(19.9%)が並んだ。

 では、そんなに辞めたいブラッ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合