NEW

低コストの防災グッズ代替品&非常食リスト…1週間は震度5程度の余震に注意

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】

, ,

低コストの防災グッズ代替品&非常食リスト…1週間は震度5程度の余震に注意の画像1
「gettyimages」より

 7日午後10時41分頃、千葉県北西部を震源とする推定マグニチュード(M)5.9の地震が発生。東京都足立区、埼玉県川口市と宮代町で震度5強を観測した。東京23区内で震度5強を記録したのは、東日本大震災が発生した2011年3月以来10年半ぶりとなる。

 深夜の地震で鉄道の運転見合わせにより多数の帰宅困難者が発生。首都高速道や東名高速道路では通行止めが行われ、水道管の破裂や停電が発生する地域も出るなど、広い範囲でライフラインに影響が出ている。

 気象庁は「1週間程度、最大震度5強程度の地震に注意が必要」と警戒を呼びかけており、引き続き注意が必要な状況が続く。

 当サイトは2021年5月26日付記事『低コストで防災グッズの代替品を備える方法…黒いゴミ袋&ペットシーツがトイレ替わり』、2020年2月16日付記事『災害時の非常食、4人家族なら1週間分で84食必要…無理なく備える「日常備蓄」術』で災害時に備えて自宅に用意しておくべき物について解説していたが、改めて再掲載する。

※以下、日付・肩書・数字等は掲載時のまま

――以下、再掲載――

『低コストで防災グッズの代替品を備える方法…黒いゴミ袋&ペットシーツがトイレ替わり』

 私たちは日本全国どこにいても、地震の心配からは逃れられません。東日本大震災から10年。多くの人々が、地震に対する恐れ、そして備えの重要性を再確認しているのではないでしょうか。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、避難所にも定員が設けられました。危険な場所でなければ、今後は避難所に行かない「在宅避難」が中心となります。とはいえ、「防災は気になるけど、お金はかけられない」と思う人は、多いのではないでしょうか。そこで今回は、防災用品の代わりになるモノを紹介します。

「手づくりヘルメット」で頭を守れ

 私たちがよく目にするプラスチックの「防災用ヘルメット」は、頭部を守るための厚生労働省が定めた安全基準をクリアしたものです。つい見落としがちですが、防災用ヘルメットにも「使用期限」があり、使用を開始してから、または保管を始めてから6年を経過のものは、交換しなければなりません。

 学校には防災ずきん、職場にはヘルメットが常備されていますが、自宅に家族分のヘルメットを用意している家庭は少ないでしょう。そうはいっても、在宅避難が中心となると、ヘルメットがほしいところです。

 調理器具であるステンレス製のボウルは、どこの家庭でも1つや2つはあるのではないでしょうか。ステンレスのボウルは100円均一ショップ(100均)にもあり、値段も手頃。頭にタオルを置き、クッション材代わりにして、上からボウルをかぶり、ズレないようにスカーフで固定する。それだけです。ボウルは大きさもさまざまなので、大人も子供もとりあえず安価に用意できます。

 もちろん、こちらは安全基準をクリアしているヘルメットとは異なりますので、あくまで、いざという時に活用してみてください。

低コストの防災グッズ代替品&非常食リスト…1週間は震度5程度の余震に注意の画像2
ボールヘルメット

常に風呂に水をためる

 災害時、ライフラインが止まった時、水は必要だということは誰しもわかっています。推奨する量は一人3L×家族の人数×10日分。4人家族であれば、120Lの水が必要になります。1.5Lのペットボトル・6本入りの箱で14ケース分です。ペットボトルを箱買いしている人でも、圧倒的に足りないのが現実です。

 大きな地震で断水が発生する場合も、断水になるまで多少の時間があります。もし大きな地震がきたら、水道から水が出るうちは、水をためられるだけためましょう。余裕があれば、風呂を洗って、きれいな水をためておくこと。

 水道水は、予め塩素で消毒してあるのでそのままで5日間ぐらいは飲料水として使えます。たとえ残り湯でも、生活用水(トイレの洗浄や洗濯など)に使えるので、流さない習慣をつけておきましょう。

低コストの防災グッズ代替品&非常食リスト…1週間は震度5程度の余震に注意の画像3
風呂の水
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合